ヴィヴィアンがデザインした制服 ヴァージンアトランティック航空が初公開

写真拡大

 デザイナーVivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウエストウッド)がデザインを担当した、英国航空会社ヴァージン アトランティック航空の新ユニフォームが公開された。7月12日から、空港はじめ空港ラウンジ「クラブハウス」や機内のスタッフを対象に試着がスタート。2014年から正式導入が予定されている。

ヴィヴィアンによる航空ユニフォームの画像を拡大

 「Vivienne Westwood」とヴァージン アトランティック航空は、今年初めにパートナーシップを結び、全ユニフォームのリニューアルを手掛けることを発表。新ユニフォームはサビル・ロウの伝統的なテーラリングとデザイナーVivienne Westwoodが得意としているカッティングの技術が反映されており、また多くのアイテムにはリサイクル素材を使用。ヴァージン アトランティック航空のコーポレートカラーであるレッドカラーのジャケットをはじめ、安全性を考慮して簡単に外すことができるタイやスカーフ、滑りにくい靴底でかつ歩きやすさを重視したシューズ、懐中電灯と予備のバッテリーを備えたハンドバッグなどをそろえる。

 新ユニフォームの試着は、選ばれた180名のヴァージン アトランティック航空キャビンクルーとパイロット、地上職員、クラブハウス、ヴァージン ホリディのスタッフが対象。フライトや職務の後に各スタッフが意見を提出し、フィット感や快適性、通気性、動きやすさ、着用前後のしわの状況、クリーニング後の見た目と感触、痕や汚れへの耐性などのチェックが行われる。フィードバックを経てデザインと素材が最終決定し、全スタッフ用に制作される。


■ヴィヴィアンが英ヴァージンアトランティック航空の制服をデザイン
・http://www.fashionsnap.com/news/2013-05-02/vivienne-westwood-virginatlantic/