7月12日(金)、「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」の出場権をかけた、出場アマチュア選考会が宮城県利府町の利府ゴルフ倶楽部にて開催された。
ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン、歴代覇者など
 この選考会は東北圏のゴルフの普及・振興を目的に開催しており、地元の東北高校・東北福祉大ゴルフ部など地元宮城県関連選手や、東北のトップアマチュア55名が出場。上位3位までに与えられる本戦出場権をかけて熱戦が繰り広げられた。
 18ホールストロークプレーの結果、いずれも73ストローク・1オーバーでまわった西畑昭甫(にしはた・あきほ/東北高/15才)、高橋恵(たかはし・めぐみ/佐久長聖高/16才)、沖せいら(おき・せいら/東北福祉大/20才)の3選手が9月27日(金)から開幕する本戦の出場権を獲得した。
【選手のコメント】
・西畑昭甫
「嬉しいです。プロのトーナメントに出場するのは初めてになるので結果を出せるように頑張りたいと思います。地元は大阪なんですけど、4月から東北高校に来ました。ゴルフに打ち込む環境がいいので。目標とするプロは藍さんです。ショートゲームを武器に世界の舞台で戦っていらっしゃる。自分も将来は海外で優勝出来る選手になりたいです。プロの試合は観戦に行ったことがないので、実感がわかないんですけど、自分とどこかは違うところがあるはずなので、勉強もして、自分のプレーをしっかりしたいと思います」
・高橋恵
「今日はあまり良いプレーが出来なかったので、ダメだと思っていたので、本戦に出場出来て嬉しいです。プロの試合では最近予選落ちがほとんどなので、予選通過を目標に頑張りたいと思います。ここ数年、体をケガしたり、ゴルフが上手くいかなかったり、正直、ゴルフを辞めようと考える時期もあったんですけど、自分は勉強が出来る訳じゃないし、ゴルフしかないので、ゴルフをやり続けるしかないと頑張ってきました。まだまだ良いプレーはなかなか出来ないんですけど、トレーニングもするようになりましたし、嫌いなランニングやストレッチもしています。将来は勝てるプロになりたいと思っています。仙台は母方のおじいちゃんが仙台に転勤で住んでいたことがあったので、結構良く知っています。牛タン食べたいです」
・沖せいら
「1オーバーでは通らないと思っていたので、出場出来ることになって素直に嬉しいです。高校生の頃に2回出場させてもらって予選通過出来なかったので、今回こそ予選を突破して上位で戦ったみたいです。ミヤテレ杯に帰って来られて良かったです。高校の時にミヤテレ杯に出た頃が一番成績が良かったんですけど、そこから原因は分からないんですけが80とか90を平気で打つようになってしまって、本当に苦しかったです。福祉大に進学してから、自分は体が本当に弱いので、体幹や筋力アップに取り組んできました。松山さんにもパターを教えてもらったりしました。今まで欲をかきすぎたところがあったので、自分の出来ることを精一杯頑張りたいと思います」
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【昨年大会】
美人プロ・香妻琴乃がプレーオフを制しステップ初優勝
【訃報】ツアー通算23勝、具玉姫が逝去
【関連リンク】
最新のゴルフギア情報&試打レポート
AKB48山内鈴蘭がALBAのレッスン企画を試してみた