ヴィクター&ロルフ 限定ウエディングコレクション発表

写真拡大

 「VIKTOR&ROLF(ヴィクター&ロルフ)」が、ウエディング向けのカプセルコレクション「ヴィクター&ロルフ マリアージュ」を発表した。ロングドレスをはじめシャツドレス、ジャンプスーツなど、様々なバリエーションのレングスやシルエットをデザイン。発売は、2014年1月以降が予定されている。

V&R限定コレクション第5弾の画像を拡大

 2014年春夏リゾートコレクションで発表された「ヴィクター&ロルフ マリアージュ」は、軽やかでフレッシュ、伝統にこだわらないモダンなスタイルを取り入れたウエディングコレクション。背面にボウディテールが付いたロングのストレッチクレープドレスや、アイボリーの絹クレープシャツドレス、裾のシルエットが印象的なストラップレス・ニーレングストラペーズ、イレギュラーのティアードプリーツを施したVネックドレス、オープンバックのボウディテールとアンクル丈のパンツが特徴的なストレッチクレープジャンプスーツ、トップとスカートが別ボリュームのストラップヴォランドレスをラインナップする。価格は約11万円〜55万円。

 「VIKTOR&ROLF」はこれまでに「ホワイトシャツ」「ブラックドレス」「トレンチコート」「ソワールドレス」のカプセルコレクションを発表。「既存のコードにラブリーで奇想天外な捻りを加え、新鮮なルックを提案するのが楽しい」というデザイナーのViktor Horsting(ヴィクター・ホスティン)とRolf Snoeren(ロルフ・ スノラン)は、カプセルコレクション第5弾の「マリアージュ」について「ウエディングドレスには深い意味と思いがつきもので、デザインをしたいとずっと願ってきました」とコメントしている。