報道ステーションで極秘出産を告白するも、父親の名前を明かさず騒動が続いている安藤美姫(25才)。現在同棲中だといわれる元フィギュアスケーター・南里康晴(27才)は、『FRIDAY』の直撃に対し、父親ではないと否定、子供の父親について、「詳しく話せない。わからないです」と言いながらも、「(スケート関係者)だと思います」と話した。

「その結果、安藤さんと親しい男性スケーターがみんな父親候補になってしまった。本人たちだけじゃなく、彼らの関係者も騒動に巻き込まれた形になっています。今はソチ五輪に向けて万全の調整に入っている時期なのに…」(スポーツ紙記者)

 そして、愛娘にロシアの国花である「ひまわり」という名前をつけたことから、父親が安藤の元コーチで3年以上もの間交際していたロシア出身のニコライ・モロゾフ氏(37才)であるとの見方も多い。そもそも、なぜ安藤は「ひまわり」という名前をつけたのか?

「美姫ちゃんはロシアの国花だなんて知らなかったから、かなり驚いていますよ。でも、知っていたとしても、“ひまわり”にしていたんじゃないですか? だって彼女の亡くなったお父さんが大好きな花でしたからね」(フィギュア関係者)

 今から17年前、安藤は8才の時に最愛の父(享年31)を交通事故で亡くした。サーフィンをしたり、バイクに乗ったり、かっこよすぎる自慢のパパで、安藤は「大きくなったらパパと結婚する」と本気で願っていたという。

「本格的なスケートのレッスンを始めた1か月後のことで、“美姫の練習を見にリンクに来てね”って話した次の日のことだったそうです」(前出・フィギュア関係者)

 それゆえ亡き父は、安藤の滑るところを一度も見たことがないまま天国へ旅立ったという。ふさぎ込む安藤をリンクへ連れ戻したのは母だった。ある雑誌に寄せた、亡き父への手紙の中で、安藤はこんなふうに語っていた。

<もしかしたらパパが、自分と引き換えに美姫にスケートをくれたんだって…ずっとそう思って滑り続けてきたかもしれない>

 安藤は試合に出る時、父の結婚指輪をペンダントにして首にかけている。ジャンプの瞬間、心の中で「パパ」と呼びかける。そして振付の中で何度も空を見上げる。

「ひまわりは空に向かって美しく元気に育ちます。子供につけたひまわりという名前には、天国の父親が娘のことをちゃんと見つけて、そして見守ってくれますようにというメッセージが込められているそうですよ。

 南里さんもそれを聞いて、すごくいい名前だって喜んでいました。家族への愛情が深い彼女らしい、惚れ直したって。だからこんな形で騒動になるなんて…。今は彼にどう声をかけたらいいかわからないです…」(南里の知人)

女性セブン2013年7月25日号