ミクシィ、個人間の売買をサポートする「mixi マイ取引」の提供開始

写真拡大

ミクシィは7月11日、同社が運営するソーシャル・ネットワーキング サービス(SNS)「mixi」で、個人間の売買をサポートするサービス「mixiマイ取引」の提供を開始した。

同サービスでは、売りたいものを登録したURLをコミュニティに投稿すると自動的に商品情報が表示され、その商品を売ることができる。商品の登録は1点から可能。そのほか、売り手と買い手がコミュニケーションできるように、商品に関する問い合わせや取引成立に使える専用の連絡ツールも用意している。

さらに、同社が一時的に購入者から代金を預かり、商品発送後に買い手に送金する「mixiあんしん支払い」も導入。「お金を払ったのに商品が届かない」「商品を発送したのにお金が振り込まれない」などのトラブルを防止するという。

売り手の出店や成約手数料は無料。ただし、同社からの代金入金時における銀行手数料105円は売り手負担となり、入金額500円未満の場合は次回に繰り越される。また、買い手は「mixiあんしん支払い(クレジットカード)」の手数料として4.2%を負担。1,000円未満の買い物では一律42円となる。

同サービスの利用は、パソコン版「mixi」のほか、スマートフォン公式クライアントアプリ(iOS/Android)、「mixi Touch」(スマートフォンからのブラウザアクセス)で可能とのこと。