Tomoatsu Amaguchi

写真拡大

取材・文: 編集部  写真: 三宅英正  翻訳: Oilman

 

今年の1月、藤原ヒロシ氏が e コマースのプロデュース会社に取締役として就任することが発表された。それには昨年6月に話題を呼んだ、藤原ヒロシ氏がセレクトしたアイテムを24時間限定で販売する EC サイト『fragment24.』の取り組みがあった。そのサービスの企画・運営をしていたのが「eコマース・ブランディング」をコンセプトに掲げる会社、ネットコンシェルジェだ。クライアントには UNIQLO (ユニクロ)、資生堂、高島屋など大手のファッション・ビューティー・百貨店企業を抱えるほか、最近ではファッション EC サイト『MAGASEEK (マガシーク)』のリニューアルも手がけた。また同社が発信するブログでは、海外の最新の e コマーストレンドが豊富に紹介されており、EC 事業者およびファッション関係者にとっても必読ブログだ。そんな同社の代表取締役を務めファッション系の e コマース事情を知り尽くす尼口友厚 (あまぐち・ともあつ) 氏に、ウェブ担当者が e コマースの開発や運用で注意すべきポイントから、店舗と e コマースの役割、ウェブ担当者が抱える課題とその対処法など、すぐにでも役立つ実践的なアドバイス、さらには近年話題になっているソーシャルコマースの可能性やその付き合い方、ファッション系 e コマースの未来まで語ってもらったインタビューを、全3回にわけてお送りする。

 

(第1回/全3回)【インタビュー】ネットコンシェルジェ 尼口友厚 / いまブランドに求められるソーシャルコマースとの付き合い方
(第2回/全3回)【インタビュー】ネットコンシェルジェ 尼口友厚 / 藤原ヒロシの『fragment24.』の成功から見えたキュレーションコマースの今後
(第3回/全3回)【インタビュー】ネットコンシェルジェ 尼口友厚/ファッション業界のウェブ担当者が考えたい、実店舗とネットの役割。eコマースとソーシャルメディアの運用で大切なコト

 

- 楽天と BEAMS の「Rakuten meets BEAMSハッピー隊」の取り組みなど、目利きを軸にしたキュレーションコマースが日本でも登場してきました。今後の可能性はどのように捉えていらっしゃいますか?

 


Rakuten meets BEAMS Happy-Tai (Happy Team)

 

楽天と BEAMS の取り組みはまさにキュレーションですよね。これから必然的に増えると思います。楽天の商品棚はちょっと雑な部分があるので、あれは本当に良い例だと思います。あれがただ一回の企画に終わらず、長期的な視野にたって継続的にできればと良いと思います。

 

- 『藤巻百貨店』の藤巻幸夫さんや『fragment24.』の藤原ヒロシさんなど、有名人の名前を全面出したキュレーションサービスの可能性はどう捉えていますか?

そこはすごく可能性を感じています。「ヒト」をコンテンツや検査軸にしていくという動きは確かにあって、アメリカでも『Open Sky』という有名人たちがアイテムを紹介するサービスがあります。そして有名人にバックマージンが入る仕組みです。それぞれ憧れる「ヒト」がいると思いますが、「ヒト」を介したモノの紹介というのは実際かなり効果があるというのは藤原ヒロシさんの例もありますし、実感しているところです。僕たちは「インフルエンサーEC」と呼んでいますが、実際に社内でも実験してみようという動きもあります。

 


Open Sky


Fujimaki Department Store

 

とくにインフルエンサーの人たちは、ソーシャルメディアでセルフ・ブランディングをやっている人が多く、『Facebook』などで情報を発信することで、知り合いが増えたりだとか自分への扱いが良くなったとか、少なからずメリットを感じ始めている人が増えてきていると思います。それがクセになって自分の名前をどんどん出していきたいという人がこれからもっと増えていくと思います。その中のひとつの取り組みとして、自分がセレクトしたお店を出すこと自体も彼らにとってもセルフ・ブランディングの一貫になると思うし、多少の収益にもなるということを考えると、わりと可能性がある分野だと思います。

 

- 業界的に話題を生んだ、藤原ヒロシさんのキュレーションコマース『fragment24.』について、改めてどういう取り組みだったのか詳しく教えてください。

 


fragment24.

 

藤原ヒロシさんとはもともと知人という関係だったので、お互いなにかキッカケがあれば一緒に仕事をやってみたいと話していました。僕自身もヒロシさんのファンだったので、つねづねヒロシさんらしい e コマースができれば良いなと思っていました。それを考えた時にできあがったのがあの企画でした。

もう一つ、僕たちが実験してみたいテーマがありました。「学生症候群」という人間の行動特性なのですが、簡単に言うとデッドライン(締め切り)がないと行動を起こさなくて、時間に余裕があるほど実際に作業を開始する時期を遅らせてしまう状態のことを言います。その行動特性を逆手に取り、毎日デッドラインを設けたらお客さんは果たして行動をしてくれるのだろうか?というのをやってみたかったのです。結論から言うと、すごくうまくいきました。毎日0時に商品を更新していきましたが、同時閲覧数は常に500〜800人とかで、朝起きるとだいたい商品は完売してしまいました。すごく実験的なプロジェクトですし、毎日1つの商品しか売らないので、継続的なプロジェクトとしては向いてはいませんが、収穫は大きかったです。

 


Tomoatsu Amaguchi

 

2/2ページ: e コマースの開発やリニューアルでもっとも大事なコト

 

 


Tomoatsu Amaguchi

 

- e コマースの開発やリニューアルでもっとも大事にしていることを教えてください。

一つは“ブランディング”です。そこのブランドらしさを「店舗デザイン」「コンテンツ」「コミュニケーション」という3つの軸できっちり伝えていけるように開発しています。日々の業務の中でこれらをガラッと変えることはなかなか難しいので、これはリニューアルの時でしかできないことです。なので、通常の運用時にできないレベルの見直しというのをいかに効率的に本質的にできるかというのを考えて制作しています。

もう一つは、“運用時のこと意識しておく”ということです。それはつまりテストの改善をできるようにしておくということです。例えば、あるブランドの e コマースサイトの世界観や棚の見せ方やレジのフローなり、僕たち専門家が仮説を立てて精度の高いものをつくります。その精度の高さがプロデュース企業の力量だと思うのですが、ただ仮説は仮説なのでもちろん間違いも出てきます。その間違いをきちんと検証して、直せるかどうかというのがもの凄く重要です。

ただ、それが従来の ECシステムだとどうしてもうまくいかなくて、プロデュース会社にとっては致命的でした。例えば、商品棚の見せ方レベルの改善だったとしても、それが意外とシステムレベルで手を入れなければ実現できなかったりします。システムの改修費用は非常に大きく、場合によっては何百万も費用かかるのですが、でもその改善が何百万も回収できるような改善じゃないのがほとんどです。そうなると、コスト見合いがとれなくてその改善企画はボツになってしまう。ボツを繰り返していくうちに一年間まったく改善できずに終わってしまったということになってしまいます。これは実際によくあることです。そういう苦い思いをずっとしてきたので、自分たちで実際にカスタム自由な EC システム『MT Commerce』というサービスをつくるにいたりました。これはとにかくテストや改善をコスト的にも時間的に負担を少なくするというコンセプトに開発したツールです。

 


MT Commerce

 

- スマートフォンで商品を購入するケースも増えてきているようですが、これかも増えると予測していますでしょうか?またスマートフォン向けに e コマースサイトを制作する際に気をつけていることを教えてください。

fragment 24.

  fragment 24.

実際にスマートフォン購入者は増えてきています。ただ、PC に比べると成約率は低いことが多いです。小さな画面ゆえの課題だと思うのですが、お客さんの数はスマートフォンの方が確実に増えてきているので、スマートフォンを閲覧している方たちに対してどうやってお買い求めいただくかというのは、これから全 e コマースサイトの共通の課題になってくると思います。

どういう点に注意していけば良いかというと、制作時の注意点としては画像周りです。例えば、PC とスマートフォンでトップページに出てくる商品画像が同じ画像にするかどうかも検証しなくてはいけません。だいたいの e コマースサイトは、PC でつくっていたデータをスマートフォンにもそのまま転用するという考え方がまだまだ主流ですが、スマートフォンのこの限られた環境の中で一番売れるビジュアルが何かと考えていくことは留意していきたい点ではあります。

サービスそのもので購入をフォローアップするという方法もあります。スマートフォンを利用する顧客は、PC の顧客より商品理解が十分でなく、購入に対しての不安が大きいでしょう。ですから例えば、スマートフォンで購入していただいた場合は、返品の返送料を無料にするなどのサービスを設けて、お客さんへの不安感を払拭してあげるのもありだと思います。そういうことをやっていけば、スマートフォンをつかった e コマースというのが一般的になっていくかもしれないですね。

 

 

(第1回/全3回)【インタビュー】ネットコンシェルジェ 尼口友厚 / いまブランドに求められるソーシャルコマースとの付き合い方
(第2回/全3回)【インタビュー】ネットコンシェルジェ 尼口友厚 / 藤原ヒロシの『fragment24.』の成功から見えたキュレーションコマースの今後
(第3回/全3回)【インタビュー】ネットコンシェルジェ 尼口友厚/ファッション業界のウェブ担当者が考えたい、実店舗とネットの役割。eコマースとソーシャルメディアの運用で大切なコト

 


Tomoatsu Amaguchi

尼口友厚 (あまぐち・ともあつ) /株式会社ネットコンシェルジェ 代表取締役。国内一線のウェブコンサルティング企業、株式会社キノトロープにて大手コスメ会社の EC 支援を担当。その後同社の資本を得て e コマース専門のプロデュース会社、株式会社ネットコンシェルジェを設立。以来、年商100億円を超える大手 EC からスタートアップまで、支援実績は8年間で125社に上る。

ネットコンシェルジェ
URL: https://netconcierge.jp