松下芳男著『乃木希典』(新装版)

写真拡大

千代田線乃木坂駅の「乃木坂」という地名は、日露戦争旅順攻城戦の司令官であった陸軍大将乃木希典に由来する。元々は幽霊坂と呼ばれていたものを、大正元(1912)年9月の明治天皇御大葬に際して殉死した当時学習院院長の乃木を悼み、当時の赤坂区議会が改名を議決したのである。

乃木神社に祀られ、講談や浪曲にも登場したほどの国民的英雄であった乃木であるが、戦後は、人気小説『坂の上の雲』で愚将扱いされたこともあって、すっかり評価が変わってしまった。本書『乃木希典』(吉川弘文館人物叢書)は、軍事史の泰斗である松下芳男法学博士が、『坂の上の雲』(昭和43〜47年連載)に先立つ昭和35(1960)年という時点で、乃木の人間像を著したものである。

旅順攻略「首将乃木の徳望が重大な一因」

著者は、大正2年陸軍士官学校卒。武藤章・元陸軍省軍務局長、田中新一・元参謀本部作戦部長等と同期であったが、歩兵中尉で退職。日本大学法学部を卒業後、海軍出身の反戦平和運動家である水野廣徳に師事。戦後は長く工学院大学教授として、近代日本軍事史を研究した。

著者は、本書で乃木に関して三つ大きな指摘をしている。第一には、乃木こそが、忠節・忠恕・廉恥・廉潔・誠実・質素・仁慈・克己という徳を備えた古武士的武将の理想像であるとの指摘である。乃木の旅順攻略時の用兵作戦能力は厳しい評価を免れないとしつつ、邦家の安危を賭けて幾万の生霊を犠牲に供する要塞戦の首将として彼に代わる適任者はいないとしている。当時、旅順の戦況は敵の堅塁の前に我が将兵の死屍累々たる惨状であったが、他方速やかに攻略できなければ国家の命運が危うかった。悪戦苦闘150日、参加将兵13万中5万9000の犠牲をもってようやく旅順は陥落する。著者は、最後の勝利を得たのは将兵の忠勇に加え、将兵を喜んで死に赴かせた首将乃木の徳望が重大な一因であるとする。

「乃木の一生は日本国軍の運命を表徴」

第二には、乃木の理想的武人としての性格は、修養によって得られた多分に人為的なものであるとの指摘である。著者は、乃木が西南戦争での軍旗喪失について自責の念から非常に苦悶した結果、理想的武人として国家に尽くそうとしたことに、無限の同情と尊敬を持つとしている。他方で、乃木の理想的武人型はともすれば人間離れしたものになったとし、特に家庭生活において特に静子夫人への愛情表現に乏しかった点について、どうしても賛成ができないと批判している。そして、理想的武人は国家あるを知って家庭など顧みるべきものでないと、乃木は考えたのであろうと分析している。

第三には、乃木の一生は日本国軍の運命を表徴したもののようであるとの指摘である。著者は、「乃木の死のときをもって、国軍の盛運の頂点とし、そののちには陸海軍ともに、その形態においてこそ拡張の実を示したかもしれないが、その精神においてはそののち一路衰運の道をたどって、ついに廃絶に至った」と述べている。「その精神、その気迫において、おごりとゆるみがきた」ために「衰運に向かった」との著者の指摘は、明治期の国運発展と戦後の経済成長をあわせ思うとき、一段と重いものとなるような気がする。霞が関の諸兄には、乃木の家庭生活に関する指摘の方が、より重要かもしれないが。

経済官庁(?種職員)山科翠

J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ」でも記事を公開中。