ワンピースやドラゴンボールの世界を体感 少年ジャンプのテーマパーク誕生

写真拡大

7月11日(木)、東京・池袋のサンシャインシティ内に、少年ジャンプのテーマパーク「J-WORLD TOKYO」がオープンする。

「J-WORLD TOKYO」は、『ONE PIECE』『こちら葛飾区亀有公園前派出所』『NARUTO-ナルト-』『黒子のバスケ』『BLEACH』など、人気漫画を多数掲載する少年漫画誌「週刊少年ジャンプ」の、漫画作品やキャラクターをテーマにした屋内型のテーマパーク。少年ジャンプは、来年創刊45周年を迎えることを記念して、人気作品キャラのフィギュア販売、ジャンプ博覧会『ジャン博』の開催、尾田栄一郎氏作の記念マスコットキャラ作成など数々の企画を実施しており、同テーマパークのオープンも、45周年記念企画の一環となっている。

会場には、ドラゴンボールやONE PIECE、ナルトの世界を体感できるアトラクションや、こち亀、新テニスの王子様、トリコのゲームが楽しめる「ヒーローズアリーナ」、作品の景品がゲットできる「アミューズメントアリーナ」などを設置。さらに、会場限定のオリジナルグッズ販売や、キャラとコラボしたフードやスイーツなども提供される。

「J-WORLD TOKYO」は、2013年7月11日(木)、サンシャインシティ・ワールドインポートマートビル3階(東京メトロ「東池袋」駅 徒歩3分)にオープン。営業時間は10:00〜22:00。入場料金は大人1300円、子供1000円(4歳以上〜中学生以下)。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです