株価急騰で過熱感のあった日本株市場。一時的な調整はあったが、再び力強い上昇に。アベノミクス相場は、業績相場でさらなる局面へ!?プロ20人が株をイチオシで構成!


個別株でリスクヘッジ
物価目標を掲げたことで株高・円安に期待する一方、インフレに強い企業の株で物価上昇をカバーしたい。預かり資産を株式等の金融商品や不動産などで運用する保険会社は、最も景気の恩恵を得やすい企業といえる。非鉄金属大手の三菱マテリアルは、円安が業績に貢献。セメント事業は国内の再開発や道路関連工事が堅調。

山田章子(やまだ あきこ)
生活経済ジャーナリスト●FXから不動産投資までをカバーする実践派。株式は生活の中からの銘柄発掘を得意とする。



狙いは割安内需関連
年初から勢いよく上がっているため、相場全体としてはかなり高い水準まで来ていた。よって、ここからは銘柄の選別がより重要だ。なかでも割安で成長が期待できる内需の銘柄に期待したい。中長期でじっくり持てる銘柄を選んだが、株の税制改正が控えているため、秋以降は利益確定売りによる株価下落に注意したい。

竹内弘樹(たけうち ひろき)
ライフパートナーズ代表●ウェブサイト「やさしい株のはじめ方」を運営。著書に『はじめての株1年生』(明日香出版社)など。



日本の総合力再確認!
引き続きアベノミクス期待による株価上昇は継続するとみて、ETFと個別銘柄を選択した。ETFは銘柄選択の手間もなくアベノミクス効果を享受できる商品のひとつだ。個別銘柄では、駐車場「タイムズ」の新規開発が著しいパーク24、週足チャートで下降トレンドから上昇トレンドに転換したパナソニックに投資したい。

北原奈緒美(きたはら なおみ)
ファイナンシャル・プランナー、テクニカルアナリスト(CFTe)●トレンド分析を使った個別銘柄のテクニカル分析に定評がある。



上昇余地、大いにあり!
アベノミクス効果の継続期待から、ますますの株高を予想。証券会社の中でも最大手の野村HDを推す。株価はすでに大幅に値上がりしているが、リーマン・ショック前は2000円を超えており、まだまだ上昇余地はある。また、金融緩和による余剰マネーはより不動産に向かうので、低コストのJ―REIT投信も期待だ。

藤原久敏(ふじわら ひさとし)
藤原FP事務所代表●資産運用に関するセミナー講師、執筆を精力的にこなす。大学でファイナンシャルプランニング講座を担当。



現金を上手に利用
異次元緩和というカンフル剤で株高・円安を演出してきたものの、海外では日本株投資を?投機〞とみている。本当に景気が回復するかは、成長戦略や規制緩和次第だ。投資としては、利益確定(または損切り)をいつでもできるようETF1本で。現金は、株価が底を打てば買い増しに、あるいは住宅ローンの繰り上げ返済に回す。

豊田眞弓(とよだ まゆみ)
ファイナンシャル・プランナー●「オールアバウト」教育資金ガイドを務める。近著に『いまからはじめる相続対策』(共著・日本実業出版社)。



次の?波〞までの勉強代
50万円という金額は、次の?波〞をつかむための、学びに使うべき資金。ただ、理論だけではうまくいかないのも事実。投資中の心理などを体験する狙いとして、取引コストが低い商品の購入に利用する。学ぶ目的が相場ならETF、個別企業の材料までなら個別株。株価下落局面ではマイナス10万円は勉強代と考え、損切りを。

樗木裕伸(おおてき ひろのぶ)
優益FPオフィス●都市銀行勤務を経て、ファイナンシャル・プランナー、中小企業診断士として独立後、優益FPオフィスに参画。



3本の矢といえば、三菱に