『宇宙戦艦ヤマト2199』第二期新OPはUVERworld、新曲主題歌はTVシリーズ初

写真拡大

現在毎週日曜日午後5:00よりMBS・TBS系全国ネットで放送されているTVアニメ『宇宙戦艦ヤマト 2199』の第二期オープニング主題歌にロックバンド・UVERworldの新曲「Fight For Liberty」が起用されることが明らかになった。

『宇宙戦艦ヤマト2199』は、1974年に読売テレビ系列で放送された『宇宙戦艦ヤマト』第1作をベースに、出渕裕総監督のもと新たなスタッフで制作する完全新作アニメーション。星間国家ガミラスの攻撃で汚染された地球を救うため、未知の星イスカンダルを宇宙戦艦・ヤマトとクルーたちが目指すという骨子はそのままに新しい物語が描かれ、「ヤマト世代」のみならず、若い世代にも支持を広げている。『宇宙戦艦ヤマト』TVシリーズのオープニングが書き下ろしの新曲となるのは1974年のTV放送以来、初となる。

主題歌に起用されたUVERworldのボーカル・TAKUYA∞は、誰もが知る『宇宙戦艦ヤマト』というアニメの主題歌ということでプレッシャーもあったようだが、制作においてはなるべくそれを排除することを意識したようで「数あるアーティストの中からUVERworldを選んでいただいたからには、それに応えられるよう”自分たちらしさ”を出す事に専念し、生まれたのが今回の楽曲になります」「リメイクされた『宇宙戦艦ヤマト2199』に劣らぬよう、UVERworldの今のサウンドとメッセージを詰め込みました」と楽曲に込めた想いを打ち明けている。

またドラムの真太郎は「当初作っていた違う楽曲もあったんですが『宇宙戦艦ヤマト2199』により合う楽曲を作りたくて、楽曲を書きなおしました。『Fight For Liberty』を完成させるにあたってレコーディングでの音作りなど細かい所にも苦戦しましたが、結果本当に満足いく楽曲ができたので楽しみにしていてください」とレコーディングのエピソードを明かした。

そうして完成した主題歌「Fight For Liberty」だが、『宇宙戦艦ヤマト2199』製作委員会は「完成した楽曲を聴いたとき、新しい『宇宙戦艦ヤマト2199』の主題歌としてふさわしい、強いメッセージを感じました。この楽曲なら、2199版ヤマトのイスカンダルまでの大航海を熱く、激しく、盛り上げてくれると確信しています」とUVERworldの起用に太鼓判を押している。

この「Fight For Liberty」のリリース情報などはまだ明かされていないものの、詳細についてはUVERworldのオフィシャルサイトにて追って公開される予定。

(C)2012 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会