棺桶の中に入るイベント「入棺体験」が “終活” 男女に人気/「自分の死」をイメージできるらしい

写真拡大

葬式には行ったことがあるけれど、自分が死ぬところってなかなかイメージできないもの。どんな感じなんだろうって想像してみても、それは想像の域を出ず。当然のことながら、ちょっと体験してみましょうかねぇ〜、なんてこともできないワケで。

日経BP社のトレンドウォッチポータルサイト「日経トレンディネット」で、「入棺体験」なるものが紹介されておりました。都内で実施されている棺の中に入る体験イベントで、 “終活” 男女に大人気なんだって。

“終活” というのは、自分の人生をどのように締めくくるかを考えること。なるほど、「自分の死」について考えるために、「入棺体験」をしてみるってことなのかしら?

実際に入棺してみると、心が安らぎ、もっと入っていたいと思うほど居心地がいいのだとか。さらに、「人生をムダにしちゃダメだ!」など、さまざまな思いが頭をよぎるそう。

この話題に対して、Twitterユーザーらは次のようにコメントしています。

「やってみたい」
「興味深い企画です」
「入棺体験てすごいすね……」
「安らかな気持ちになれそう」
「死をイメージするためのイメージトレーニングって感じだ」
「何事も予行演習しておけば、本番への不安は和らぐものです」
「狭いところが落ち着く、というのはあると思われる」

う〜ん、入棺してみたいような、してみたくないような……。あなたはどう?

(写真、文=夢野うさぎ)
参照元:日経トレンディネット