ルミネが新宿駅ロータリーに大型デジタルサイネージ新設 ファッション情報配信

写真拡大

 ルミネが、東京のリアルクローズと世界のファッショントレンドを新宿から発信する「デジタルサイネージ EST VISION by LUMINE EST」を7月11日から設置する。場所は、新宿駅東口のロータリー前。大型デジタルサイネージを活用し、朝6時から深夜0時まで最新のファッション情報を提供する。

ルミネ 新宿駅で新プロジェクトの画像を拡大

 「デジタルサイネージ EST VISION by LUMINE EST」は、60インチを東口ロータリーの柱10本19面、46インチの9面マルチモニターを壁1面に新設。日本でも有数のポテンシャルを秘めた街で、日常の着こなしに役立つリアルクローズと世界のコレクションから発信される次期ファッショントレンドをデジタルサイネージを使い展開することで、ルミネならではのトレンド提案を人々に印象づけていくという。将来的には様々なコンテンツとコラボレーションするなど、新たな文化の発信源になることを目指す。

 スタート時は、2014年4月下旬までの期間限定でファッション情報専門チャンネル「FashionTV」内のコレクション映像を週ごとに放映。またレギュラーコンテンツとして、ルミネエスト新宿に出店するアパレル約200ショップのスタッフによるコーディネートが毎日配信される。