池波正太郎ファン必見!羽生PAが「鬼平犯科帳ワールド」にリニューアル

今年12月のオープンを目指し、東北自動車道羽生パーキングエリアが「鬼平犯科帳ワールド」にリニューアルされる。

【関連:寺島しのぶ主演「鬼平外伝 熊五郎の顔」先行上映会レポート】

鬼平江戸処


嘘かと思うかもしれないが、これはNEXCO東日本が発表した本当のニュースである。

リニューアル後の施設名称は「鬼平江戸処(おにへい えどどころ)」。
故・池波正太郎氏の時代小説「鬼平犯科帳」とのコラボレーションとして、著作権管理会社、株式会社オフィス池波協力の上、作品が描く江戸が再現される。

今回再現されるのは、作品の主人公・鬼平こと長谷川平蔵宣以が生まれた1745年から江戸の町人文化が花開いた文化文政時代(1804年から1829年)までの江戸。

建屋の前面には江戸の入口として「関所」が設置。建屋の間を抜けると、「鬼平犯科帳」に登場する「弥勒寺山門」、「笹や」、「植半」など、鬼平が闊歩した下町、本所・深川が出現。そして建屋内には「五鉄」をはじめ、江戸の食事処が立ち並び、江戸いちばんの賑わいの場であった両国広小路の屋台が連なる。勿論、江戸の花日本橋大通りも再現される。

なお、「鬼平江戸処」では、食事やお土産にもこだわり、これまでの高速道路の枠を超えて、江戸時代から続く老舗や、江戸の味を守り続ける名店が出展する。

代表されるのは、軍鶏料理屋「五鉄(ごてつ)」のモデルになったといわれる老舗「玉ひで」。鬼平が舌鼓を打った料理をイメージした限定メニューが予定されている。

なお、建物から小物に至るまでの監修は民俗学者の神崎宣武氏が担当。そしてデザインはアートディレクターの相羽高徳氏が担当している。

鬼平江戸処1鬼平江戸処2
鬼平江戸処1-1鬼平江戸処2-2

(文:水崎夏希)
※12月と表記すべきところ誤って12年としておりました。訂正してお詫びいたします。