東証1部・2部&大証1部・2部編 Vol.5
さて、個人投資家がアベノミクス相場で売買した人気株を集計したら、ダントツ1位はアイフル! ソニーが2位とは意外な気もするが、根強い?ソニー神話〞で「とにかく上がり始めたら買う」という初心者が多い銘柄、ではある。東証・大上位200銘柄の診断は必見!


66位 日本航空
(東1・9201/100株)
現物取引 42位 信用取引 88位
昨年9月に再上場を果たした。燃料油の高騰が一服したほか、低燃費のボーイング787型機の運航再開もプラス材料だ。羽田拡張工事完成時期の来年秋への前倒しも、売り上げ拡大につながる。

TOTAL:72 / 100

妥当な株価:6250円 日経平均1万6000円なら:5800円

現在株価:4920円 PER(予想):7.7倍 PBR(実績):1.76倍 貸借倍率:5.49倍 配当利回り:2.58% 本決算:3月末

前期実績:黒字 今期予想:黒字



67位 JT
(東1・2914/100株)
現物取引 78位 信用取引 51位
非たばこ部門の育成と海外販売の拡大で、着実に利益を成長させている。政府保有株売却で経営の自由度が高まり、収益追求路線が強まるとみられ、長期投資にも向きそうだ。今期予想は慎重すぎか。

TOTAL:65 / 100

妥当な株価:4000円 日経平均1万6000円なら:4000円

現在株価:3305円 PER(予想):16.6倍 PBR(実績):4.03倍 貸借倍率:4.24倍 配当利回り:2.26% 本決算:3月末

前期実績:黒字 今期予想:黒字



68位 不動テトラ
(東1・1813/100株)
現物取引 67位 信用取引 65位
海辺のテトラポッドで有名な中堅ゼネコン。グループの日特建設とともに、震災復興や国土強靭化をキーワードに買われてきた。今期は増収減益予想だが、コスト管理の強化で減益幅縮小が見込まれる。

TOTAL:35 / 100

妥当な株価:110円 日経平均1万6000円なら:210円

現在株価:143円 PER(予想):39.7倍 PBR(実績):2.35倍 貸借倍率:7.76倍 配当利回り:0.65% 本決算:3月末

前期実績:黒字 今期予想:黒字



69位 リコー
(東1・7752/1000株)
現物取引 75位 信用取引 60位
精密大手で欧州にも太い販路を持つため、ユーロ相場に影響される。1万人削減を断行したが、本業との関連がわかりにくいシンクタンクを温存するなど、リストラ不徹底との指摘も。

TOTAL:64 / 100

妥当な株価:1300円 日経平均1万6000円なら:1300円

現在株価:1081円 PER(予想):10.4倍 PBR(実績):1.38倍 貸借倍率:7.23倍 配当利回り:2.93% 本決算:3月末

前期実績:黒字 今期予想:黒字



70位 オリックス
(東1・8591/100株)
現物取引 80位 信用取引 56位
リース業界トップ。ここ10年ほど、金融システムの安定度に株価が大きく振り回されてきたが、不動産圧縮など財務体質の強化を進め、危機耐性は格段に向上した。政府の設備投資優遇策の関連株でもある。

TOTAL:67 / 100

妥当な株価:1600円 日経平均1万6000円なら:1550円

現在株価:1269円 PER(予想):12.4倍 PBR(実績):2.45倍 貸借倍率:22.00倍 配当利回り:0.96% 本決算:3月末

前期実績:黒字 今期予想:ー



71位 日本海洋掘削
(東1・1606/100株)
現物取引 86位 信用取引 48位
海洋資源の探索に必要な技術を持つ、事実上の国策企業。設備産業であるため、財務スコアは低く出てしまうが、他社の代替が利かないので、株価の下値リスクは限られそう。今期は設備稼働率が上昇。

TOTAL:36 / 100

妥当な株価:5600円 日経平均1万6000円なら:9100円

現在株価:7090円 PER(予想):31.6倍 PBR(実績):3.64倍 貸借倍率:1.82倍 配当利回り:0.30% 本決算:3月末

前期実績:黒字 今期予想:黒字