ブルックリン発「Where I was from」初上陸 ニュートラルなリラックスウェア

写真拡大

 ブルックリン発のブランド「Where I was from(ホウェア・アイ・ワズ・フロム)」が、日本に初上陸した。ヴィンテージアイテムを通じてモダンなスタイリングを提案する同ブランドは、南青山の「Cottage by OPTITUDE(コテージ・バイ・オプティチュード)」で取り扱いをスタートしている。

ブルックリン発ブランド初上陸の画像を拡大

 「Where I was from」は、ブルックリン在住のClaire Lampert(クレア・ランパート)が2012年にスタートした。ニュートラルでクラシックなメンズウェアのエッセンスと肩の力の抜けたシルエット、着心地の良さといった特徴をミックスし、2013年春夏は自然の強さやクリーンなライン、力強い言葉、虚無の空間などにインスピレーションを得てコレクションを展開。ブランドを手がけるClaire Lampertは「BODKIN(ボドキン)」の元デザイナーで、「Assembly New York(アセンブリー・ニューヨーク)」のインハウスコレクションのデザインを手掛けた経歴を持つ。

 「Where I was from」の展開を開始した「Cottage by OPTITUDE」では、ディレクター佐々木真由美のセレクションに加え、 彼女の依頼を受けてClaire Lampert自身が「Cottage by OPTITUDE」のためにセレクトしたアイテムも揃う。昨年9月に「OPTITUDE 青山店」からショップ名を変更した「Cottage by OPTITUDE」は、「将来のヴィンテージ」をテーマに掲げ、セレクトアイテム以外に2004年に「"EYE"byOptitude(アイバイオプティチュード)」、2006年には「LyricisM(リリシズム)」の2つのオリジナルレーベルをスタートさせている。

■Where I was from
 http://www.whereiwasfrom.com/