10日(水)、“怪物ルーキー”松山英樹は海外メジャー第3戦「全英オープン」出場に向けて出国会見を行った。松山は3月のアジア地区最終予選を突破して本戦出場権を獲得、6月の「全米オープン」に続いて今季海外メジャー2戦目となる。
松山英樹が悲願の全英OP出場権を掴み取る!
 「全英オープン」が開催されるミュアフィールドについて松山は「難しいコースだと思うのでしっかり対応できるように準備したい」と難コースに警戒感を示した。コースについては先にDVDで見ていたようだが「いまいちわからなかった」とのこと。「現地に行ってからしっかり調整して、万全の状態で臨みたい」と話した。
 「まずは予選通過が目標。それができたらベスト10や上位進出を狙っていきたい」と初出場の大会ということで控えめなコメントの松山。しかし今季すでに初めて出場した「全米オープン」ではベスト10に入って来季の出場権を獲得する活躍を見せているだけに今回の「全英オープン」でも活躍に期待がかかる。
 さらに今回、「全英オープン」後は「RBCカナディアンオープン」など米国男子ツアーの試合に参戦していく予定。松山自身も「アメリカのシードを取りたい」と明言しており、今回の海外遠征から松山の米国男子ツアーシード権獲得をかけた戦いが始まることになる。これから出場の可否が決まる大会があるため日程はまだまだ流動的だが、来季のシード権を獲得をかけた「入れ替え戦」まで視野に入れてこれから海外の試合を転戦していく。日本ツアーで驚異的な活躍を見せる松山がこれから海外での連戦でどのような活躍を見せてくれのか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>