ダイ・ハードシリーズ初BD1位、最新作がBD最高順位も大幅に更新。

写真拡大

ブルース・ウィリスが主演を務める人気アクション映画「ダイ・ハード」シリーズの最新作、「ダイ・ハード/ラスト・デイ」のBlu-ray Disc(以下BD)とDVDがそれぞれ発売され、今週7月15日付けの週間DVD・BD両映像ランキングに初登場。BD版「ダイ・ハード/ラスト・デイ<最強無敵ロング・バージョン> 2枚組ブルーレイ&DVD[初回生産限定]」(20世紀フォックスホームエンターテイメント)は発売初週に3.1万枚を売り上げBDランキング総合首位、DVD版「ダイ・ハード/ラスト・デイ」は同1.1万枚を売り上げDVDランキング総合3位にそれぞれランクインした。

これまで「ダイ・ハード」シリーズのBD最高位は、前作「ダイ・ハード4.0」(2007年11月発売)の総合11位だったが、今作はそれを上回りシリーズ初のBD首位、そして最高位獲得となった。

本作は「ダイ・ハード」シリーズの第5弾で、シリーズ初の海外、舞台はロシア。そこで壊滅的なテロに遭遇、シリーズ史上最大の危機に世界一ツイていない男が息子とともに立ち向かう。劇場公開版に加え、別オープニングと別エンディングを楽しめる「最強無敵ロング・バージョン」を収録している。