イッセイミヤケのショー音楽収録 オープンリールアンサンブルがCD発売

写真拡大

 「ISSEY MIYAKE(イッセイ ミヤケ)」のパリ・コレクションの音楽を3シーズン連続で担当したコンテンポラリーアート楽団Open Reel Ensemble(オープンリールアンサンブル)によるCDアルバムが制作された。タイトルは「Tape and Cloth 〜Open Reel Ensemble and ISSEY MIYAKE」。音楽表現の可能性を科学し懐古と未来を融合した独自の楽器によって演奏されたショー音楽が収録されている。

イッセイミヤケ×オープンリールアンサンブルのCDの画像を拡大

 Open Reel Ensembleは、和田永を中心に佐藤公俊、難波卓己、吉田悠、吉田匡の5人によって2009年から活動を開始。旧式のオープンリール式磁気録音機を現代のコンピュータとドッキングさせて「楽器」として演奏するプロジェクトで、メディアアートと音楽の双方から注目を浴びている。リールの回転や動作を手やコンピュータで操作し、その場でテープに録音した音を用いながらアンサンブルで音楽を奏でるスタイルで、国内外でライブや音楽制作を行なっている。

 Open Reel Ensembleは、デザイナー宮前義之が手がける「ISSEY MIYAKE」2012年秋冬、2013年春夏、2013年秋冬の3シーズンにわたり、コレクションのショー音楽を担当。それら3曲をはじめ、実際にショーには使用されなかったバージョンも含めて一枚のCDアルバムを制作。タイトルは、演奏に使用する「Tape(テープ)」とコレクションで発表される「Cloth(服)」から付けられ、両者の化学反応によって生み出されてきた世界観が収録されている。特典として、3シーズンのショーの模様とプロダクションの様子を記録したDVDが付属。「ISSEY MIYAKE」の各路面店ではファブリックによるスペシャルパッケージ仕様で販売され、7月13日から「ISSEY MIYAKE / SEMBA」、7月18日から「ISSEY MIYAKE / AOYAMA」、「ELTTOB TEP ISSEY MIYAKE / GINZA」で取り扱いがスタートする。


■イッセイミヤケ最新コレクション
【映像・画像】http://www.fashionsnap.com/collection/issey-miyake/2013-14aw/