アシアナ社長「全責任は機長に」

ざっくり言うと

  • 8日、アシアナ事故機が着陸失敗時に目標値25%下回る速度で飛行していたと判明
  • 操縦パイロットはボーイング777型機の習熟訓練中だったこともわかった
  • アシアナ空港の社長は「すべての運航責任は機長にある」と語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング