映画館の大きなスクリーンで見れば、その大きさがさらに実感できるはず/[c]NHK/NEP/DISCOVERY CHANNEL

写真拡大

最大のものとなると、体長約18メートルにも及ぶと言われ、海の怪物として恐れられてきたダイオウイカ。いまだに多くの謎に包まれたこの生物に迫ったドキュメンタリー『劇場版 NHKスペシャル 世界初撮影! 深海の超巨大イカ』が8月17日(土)より公開される。

【写真を見る】海の中でキラキラと光を放つダイオウイカ

本作は、世界で初めて生きたダイオウイカの撮影に成功して大反響を呼んだ、NHKのドキュメンタリー番組を基にしたもの。NHKと世界的なダイオウイカ研究者による史上最大のプロジェクトを克明に記録し、世紀のスクープが生まれる瞬間をとらえた貴重な映像となっている。劇場版では、新たに編集されたオリジナル映像も加えられ、より多くの視点から同プロジェクトに迫っている。

実はこのダイオウイカ、テレビ放送後ブームは沈静化していたが、最近またじわじわと話題になっている。まず、ダイオウイカをはじめとする深海生物にフォーカスした展覧会「深海」が国立科学博物館で7月6日(土)から開催され、盛況となっているほか、ムックや新書といった関連書籍も次々と発売されているのだ。そればかりか、ダイオウイカをモチーフにしたぬいぐるみ、スマホケース、クッキーなど、多種多様なキャラクターグッズも登場し、もはやダイオウイカに“萌える”人たちが登場するのも時間の問題かもしれない。

その生態が徐々に明かされ、ついにはキャラクターグッズにまでなったダイオウイカ。映画、展覧会、関連書籍と追っていけば、その魅力に取りつかれること間違いなしだ。【トライワークス】