(社)日本インテリアデザイナー協会(JID)では、数年間にわたって開催する連続デザインセミナー「日本の意匠『温故知新』物語 これまでのデザイン、これからのデザイン」(全12話)の特別編「『日本庭園の美』時間デザインの話」を、来る7月18日(木)17時〜20時に、六本木ミッドタウンタワー5階にて開催する。
同セミナーは、本年3月に「温故知新」第5話で行われ好評だった「心に伝える『水の文化』洌い話」のパート2として実施されるもので、講師には第5話と同様に、東京農業大学前学長の進士五十八氏(しんじ いそや)を講師に迎え、日本庭園の最大の特色「時間の美」を切り口にした日本独自の美「然び」について掘り下げる。コーディネーターは三野博昭氏(JID賛助会員(株)カンディハウス)が努める。
定員80名。参加費は2500円(事前振込2000円)、学生1500円(事前振込1000円)。