「銀魂」がそこそこの大ヒット、オープニング成績は前作の140%以上。

写真拡大

アニメ「銀魂」のフィナーレとなる「劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」が7月6日に全国127館で公開され、“そこそこの大ヒット”を記録している。

オープニングの興行成績は、2010年公開の劇場版前作「劇場版銀魂 新訳紅桜篇」(興行収入10.6億円)の140%以上を記録。7月6日、7日の2日間の成績は2億8,185万9,900円だった。

なお、スクリーンアベレージは221万146円で、同日公開作品のうちトップの成績でスタート。原作者・空知英秋描きおろしの完全新作であることや、アニメ「銀魂」7年間のラストエピソードであること、ユーザーレビューサイトでの評価が絶好であることから、リピーターが続出することも予想され、最終着地点は140%を大幅に越えることも期待される。

今回のスタートについて、配給サイドは「そこそこヒットの予定が、そこそこ大ヒットに」と喜びのコメントを寄せている。