伊エルマンノ・シェルヴィーノ 伊藤忠が独占輸入販売

写真拡大

 伊藤忠商事は、イタリアンのラグジュアリーブランド「Ermanno Scervino(エルマンノ・シェルヴィーノ)」と「Scervino Street(シェルヴィーノ ストリート)」の日本市場における独占輸入販売権を取得した。コロネットを通じ、2014年春夏シーズンから販売を開始する。

伊藤忠がエルマンノの販売権獲得の画像を拡大

 エルマンノ・シェルヴィーノ・グループは、クリエイティブデザイナー エルマンノ・シェルヴィーノと最高経営責任者Toni Scervino(トニ・シェルヴィーノ)により2000年に設立された。仕立て職人サルトリアーレの伝統技術との融合をブランドの哲学としており、着心地の良さが特徴のひとつ。
 
 日本市場においては、30代から40代の男性・女性をターゲットに銀座もしくは表参道への新しい旗艦店の出店、また全国の百貨店内にショップインショップを開設し販路を拡大していく。3年後には、両ブランドで30億円の売上を目指すという。価格帯はスーツが18万円から33万円、ワンピースが7万から22万円。