ユニクロウェア国枝選手 ウィンブルドン車いすダブルス優勝

写真拡大

 ユニクロがサポートするプロテニスプレーヤー国枝慎吾選手が、7日に行われた「ウィンブルドン選手権2013」車いすテニス男子ダブルス決勝で対戦相手を破り優勝した。今年に入り、プロゴルファーのAdam Scott(アダム・スコット)選手を筆頭に、ユニクロのウェアを着用したスポーツ選手の活躍が相次いでいる。

ユニクロ着用の国枝選手が優勝の画像を拡大

 国枝選手は「ウィンブルドン選手権2013」でフランスのステファン・ウーデ選手と組み、車いすテニスの男子ダブルスを制覇。今年1月に行われた全豪オープンの単複2冠、6月に開かれた全仏オープンのダブルスに続く優勝で、国枝選手は「これからもユニクロのウェアを着て勝ち進み、世界1位を保持できるように頑張ります」とコメントを発表している。なお国枝選手とユニクロは、2009年から所属契約を結んでいる。

 ユニクロ契約スポーツ選手の活躍は今年度特に目立っており、「日経MJヒット商品番付」の2013年上期版では「ユニクロのロゴをつけたスポーツ選手」が東の前頭に選出。プロゴルファーAdam Scott(アダム・スコット)選手はグローバル ブランド アンバサダー契約の締結発表直後にマスターズで初優勝したほか、プロテニスプレーヤーの錦織圭選手は全仏オープンで日本人選手75年ぶりのベスト16進出を達成し、同じくプロテニスプレーヤーのNovak Djokovic(ノバク・ジョコビッチ)選手は全豪オープンでの3連覇に続いて「ウィンブルドン選手権2013」で準優勝を果たした。