「ファンケルクラシック」は夏の大一番、シニア賞金王の行方も左右するビッグトーナメントだ(撮影:ALBA)

写真拡大

 国内シニアツアー、夏の大一番「ファンケルクラシック」の記者発表が8日(月)、都内のホテルにて行われた。会見には池森賢二大会会長、森静雄PGA会長と高橋勝成、三好隆、室田淳、羽川豊、水巻善典、芹澤信雄、昨年覇者の高見和宏の7名のトップシニアプロが参加した。
ファンケルクラシック、過去最多ギャラリー23,802人を記録!
 シニアだけではなくレギュラーツアーにも参戦する鉄人・室田は「ジュニアや若い世代にゴルフは一生涯プレーできるんだ、というのを見せたい。匠の技で見る人に感動を与えられれば」と、磨きぬいたテクニックで試合を盛り上げると宣言。水巻は中嶋常幸や室田など、強い先輩たちが「ガンになっているので、早く辞めていただきたい。でもそれに向かっていくのが面白いんですが」と先輩たちを“口撃”し会場を盛り上げた。
 今年はテレビ放送の解説を昨季のレギュラーツアー賞金王、藤田寛之が勤めることも発表された。藤田は“先輩のことを話すのはイヤ”だと当初はオファーを断るつもりだったらしいが、池森会長の意を受けた師匠の芹澤が「無理やり頼んで」承諾させた。「彼のしゃべりが心配でプレーに集中できないかも」と軽妙なトークで笑いを取った芹澤。しかし、最後には地元で開催される大一番に「先輩たちに負けないよう頑張ります」と気を引き締めていた。
 大会の8月16日(金)から3日間の日程で、今年も静岡県の裾野カンツリー倶楽部を舞台に開催される。大会の詳細は公式サイト、http://www.fancl.jp/golf/を参照。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【昨年大会】
ゴルファーのためのサプリメント「バーディラッシュ」
シニアツアーのニュースをまとめて!
バーディ合戦を制し、中嶋常幸が優勝【スターツシニア】
【関連リンク】
最新のギア情報&試打レポートをチェック