小蜜こと副島美咲がVHSのビデオテープを挿入!

写真拡大

ホラー映画『V/H/S シンドローム』(7月13日公開)のトークイベントが 7月8日に新宿ロフトプラスワンで開催され、壇蜜にそっくりのグラビアアイドル、小蜜こと副島美咲が登壇。副島は「熱くてとろけそう。私がとろけてもみなさん、我慢してしてください」と、しょっぱなからセクシーコメントをお見舞い。その後も、彼女の初体験にまつわるエロティックな話題を提供した。

【写真を見る】網タイツ&Tバックの小蜜こと副島美咲

『V/H/S シンドローム』は2012年のサンダンス映画祭で初上映され、失神者が続出したというホラー映画だ。セックスシーンもあるこの映画を、ネコと一緒に家で見たという副島は、「こういう映画は初めて。ホラーとエロスのふたつの興奮が味わえます。怖すぎて、見終わったらシーツがびしょびしょ。私のシーツでネコが発情しました」と、エロトークを炸裂。

普段見る映画については、「一番最近見たのは、壇蜜さんの『私の奴隷になりなさい』(12)」と答え、最近した過激な体験については「アダルトショップに手錠を買いに行き、電動マッサージ器のサンプルを肩に当てながら、手錠を見渡していて。それをマネージャーさんに話したら、すごく怒られました」と告白。また、霊体験については「幼稚園の時、横断歩道で、横たわっているオスがひとりいて。全裸でした」と語り、会場をどよめかせた。

最後に「ホラー映画に出てみたい。あわよくば、好みの男をむさぼりたい」とアピール。映画にちなんで、『V/H/S シンドローム』の予告編のVHSテープをデッキに挿入。ちなみにVHSテープを手にしたのも初体験だったそう。また、その後の囲みの会見では、壇蜜に堂々ラブコール。「いつか絶対壇蜜さんの股間を隠します」と宣言した。【取材・文/山崎伸子】