個人投資家コラム 木村和久さん最近どうですか??
ナンピン禁止を自分に課して5月中旬から負けなし、2カ月で20万円プラス!


2005年ごろから株をやってますが、東日本大震災で故郷が被災し、株どころではなくなりました。

でも今年の春から参戦してます。アベノミクスで値動きが活発になり、信用取引の回転売買もできるようになったからです(松井証券の「一日信用取引」を愛用中です)。雑誌の企画とか関係なく、純粋に金稼ぎとして売買しているところです。

取引はわざと40万円から(ガンホー以外)。お金をたくさん投入すると、ナンピン買いをしてしまうからです。個人投資家が負ける理由は損切りができないからで、ズルズル持ち越しやナンピンをしてしまうのがいけないと思うんだよね。

で、40万円だと、ナンピンする予算がない。けど売り買いの回転売買は無限にできる。わずか40万円のタネ銭で、1日の売買が3000万円分とか、そんなのザラです。

戦績はどうか?

4月中旬開始で29営業日中23勝6敗。当初はガンホーやタカラバイオなど、ボラの激しい銘柄で20万円ぐらい勝ちましたが、買い下がってしまって損失が膨らみました。勝ち進むと資産が増え、デイトレなのにナンピンできちゃったのが痛かった。

深く反省し、1日の目標利益を3万円から1万5000円程度に変更。ボラの少なめな銘柄で取引することが多く、大勝ちはなくとも大負けもしない作戦に。5月中旬からは負けなしで、トータル20万円ほど勝たせていただいてます。今は調整相場ですが元気な銘柄はありますよ!

●木村和久さんが注目中のベスト5銘柄!
ガンホー・オンライン・エンターテイメント(JQ・3765) 112万円/1株
新興市場の象徴的銘柄。パズドラひとつで任天堂の時価資産を上回るなんて信じられない。栄光とその先をじっくり見守り、たまに参戦。

タカラバイオ(東マ・4974) 2772円/100株
免疫、バイオ系の代表銘柄。一時の勢いはないが、でもボラはとんでもない。しかも値動き激しいし。これで勝てれば本物だ。

東京電力(東1・9501) 565円/100株
とにかく何かと材料が出てくるし、電力会社が立ち直らないと日本の復興はない。しかも小口で買えるから、万人に人気なのが凄い。

ケネディクス(東1・4321) 5万円/1株
不動産の新興株の中である意味指標になっている。動きだすと激しいのでボラがでかい。トレーダーが好んで買う銘柄といえますな。

トヨタ自動車(東1・7203) 5950円/100株
ファーストリテイリングと並ぶ、東証1部の最強スタンダード銘柄。この株がこけたら、日本はヤバイ。そういう意味でたまに買う。

※株価は2013年6月10日現在。JQ=ジャスダック、東マ=東証マザーズ。

木村和久(きむら・かずひさ)
コラムニスト

「週刊ゴルフダイジェスト」の連載でも大人気。アベノミクスの波に乗って4月から本格再開したデイトレで、うまくいっているもよう。



この記事は「WEBネットマネー2013年8月号」に掲載されたものです。