●太陽の黒点

(画像:「幻影ヲ駆ケル太陽」公式Webサイトより)
©sole;viola/Progetto 幻影太陽

<キャスト>
太陽あかり:門脇舞以
星河せいら:喜多村英梨
月詠るな:徳井青空
白金ぎんか:巽 悠衣子
エティア・ヴィスコンティ:遠藤 綾
アリエル・ヴァルティエル・ウェストコット:井上喜久子
プリシラ・トワイライト:青木瑠璃子
メルティナ・メルヴィス:東山奈央
天道いつき/むつみ/ななせ:種敦美
ラプラス:堀井茶渡
シュレディンガー:井澤詩織
心崎冬菜:佐倉綾音
太陽ひなた:久川綾
永瀧の母:内野真生
リムロ:高橋未奈美
華夢:近藤浩徳

●ストーリー
占い師だった亡き母に憧れタロットカードに夢中な日々をおくる太陽あかり、12歳。伯父夫婦と従姉妹の4人で暮らす平穏な日常に、それはゆっくりと忍び寄る。

ある夜、就寝中のあかりを魔物が襲う。
苦しみもがく中、タロットカードが宙に舞い、あかりは異空間に入り込む。手に握られた剣、煌煌と輝く太陽のタロットカード。その瞬間、世界が真っ白になり……

……覚醒したあかりが連れて来られたのは、セフィロ・フィオーレというタロット使いたちの育成機関だった隊長のエティアと副長のアリエル率いる部隊で特訓を受けることになったあかりは、新人部隊の仲間たち、せいら、ぎんか、るなの4人のチームで活動を開始することに激しい闘いの日々の中で、少女たちは戸惑いながらも、自分の運命と向き合っていくが……
●タロット少女、太陽あかり
太陽あかり。永瀧に住む彼女はごく普通の12歳の女の子。彼女は亡き母から受け継いだタロットカード占いは近所でも評判の様子。

太陽あかり「冬菜、助けて〜!」
心崎冬菜「また部屋をジャングルにして。」


太陽あかりの部屋は何故かジャングルになってしまうようです。それを助けに行くのが心崎冬菜の日課。

※太陽あかりの母である太陽ひなたの3回忌は次の日曜日という事です。
●好きな事だけやっていけるわけはない
心崎冬菜「好きな事だけやっていけるほど世の中は甘くないと思うよ。」

心崎冬菜の太陽あかりに対する発言、これは単なるやっかみでは無いようです。確かに好きな事だけやって生活出来れば世の中は楽しいですが、タロットカードの占い結果が悪かったり外れたりすればクレームが出るのごく普通の事。それがこれまでは、たまたま出なかったと言うだけなのです。
●不吉な前兆
魚屋さん「危ないっ!」

太陽あかりが坂道で魚屋さんと話をしていると突如、無人のトラックが走ってきます。そのときは辛うじて回避出来たのですが…。

タロットカードで自分を占っても良い結果は出ません。それは何を意味するのでしょうか?

太陽ひなたへの墓参りの前日、太陽あかりは悪夢にうなされます。その夢の中で彼女は植物の蔓に首を絞められてしまいますが…。

そして太陽ひなたの目の前には心崎冬菜の死体が!

これらは夢の中の話ですが、それにしても不吉な夢です。
●覚醒
墓参りの日の夜、彼女がアルバイトをしている占い館が火災に遭います。慌てて火の海へ飛び込む太陽ひなた、その中で彼女は魔物に首を絞められてしまいますが…。

そのとき、一枚のタロットカードが光り、太陽ひなたの髪型が変化し、不思議な力が発動されます。

彼女は気絶しますが、魔物を倒す事に成功します。

星河せいら「反撃してこれでは先が思いやられるな。」

そして月詠るな、白金ぎんかと魔法少女と思しき存在が!

「幻影ヲ駆ケル太陽」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「幻影ヲ駆ケル太陽」第0話「魔法少女アニメなんですね!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「Fate/Zero」第25話前編「聖杯の泥」(ネタばれ注意)
【アニメ】「Fate/Zero」第25話後編「彼等のその後」(ネタばれ注意)
「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」第5巻発売!
▼外部リンク

「幻影ヲ駆ケル太陽」TVアニメ公式Webサイト