【アニメ】「有頂天家族」第1話「金曜倶楽部の弁天」(ネタばれ注意)

写真拡大

●納涼床の女神

(画像:「有頂天家族」公式Webサイトより)
©森見登美彦・幻冬舎/「有頂天家族」製作委員会

●キャスト
下鴨矢三郎:櫻井孝宏
下鴨矢一郎:諏訪部順一
下鴨矢二郎:吉野裕行
下鴨矢四郎:中原麻衣
弁天(鈴木聡美):能登麻美子
母:井上喜久子
下鴨総一郎:石原凡
海星:佐倉綾音
赤玉先生:梅津秀行
夷川早雲:飛田展男
金閣:西地修哉
銀閣:畠山航輔
淀川教授:樋口武彦

●ストーリー
下鴨神社、糺ノ森に暮らす下鴨家。狸界の頭領であった父・総一郎は、ある日何の前触れもなく狸鍋にされたのだが、その経緯は今も謎に包まれていた。 

残された四兄弟のなかでも偉大な父の「阿呆の血」を色濃く継いだ三男・矢三郎は、生真面目だが土壇場に弱い長兄・矢一郎、蛙の姿で井戸にこもっている次兄・矢二郎、臆病ですぐに尻尾を出す末弟・矢四郎、そしてタカラヅカ命の母に囲まれて、「面白きことは良きことなり」を身上に、それなりに楽しく暮らしている。

隠居中の大天狗・赤玉先生の世話を焼いたり、神通力を得た人間の美女・弁天に振り回されたり、はたまた五山送り火の夜空で宿敵・夷川家と空中決戦を繰り広げる日々の果てに、突如下鴨家を襲う絶体絶命の危機!父が鍋にされた真相が明らかになるなか、固い絆で結ばれた一家の運命はいかに!
●赤玉先生
京都をセーラー服で歩く下鴨矢三郎は実は狸。彼は狸界の慣習なんぞまるで何処吹く風。長男の下鴨矢一郎は彼を咎めるも全く聞く耳持たず。

赤玉先生「このボケナスめっ!こんな姿で儂を騙せると思ってるのか!」

この赤玉先生は大天狗だったのですが、今ではすっかり落ちぶれてしまい安アパートでの貧乏生活。

赤玉先生「ところで弁天には最近会ったか?」

弁天とは赤玉先生にとっての女神とも言うべき存在。元々は普通の少女(本名:鈴木聡美)でしたが、赤玉先生から天狗の術を習い普通の少女とは言えなくなったようです。
●金曜倶楽部
赤玉先生「お前、金曜倶楽部に行って弁天に会ってこい!」

金曜倶楽部とは弁天が参加しているサークル。そこに赤玉先生の恋文を届ける事になった下鴨矢三郎。

下鴨矢三郎「弁天も金曜倶楽部も大嫌いです!」

というのも彼の父である下鴨総一郎は金曜倶楽部で狸鍋にされ殺害されてしまったため。とは言うものの赤玉先生の頼みゆえ、渋々ながら弁天に恋文を届けることに。

しかも、矢文で!

一応は弁天に矢文は届いたものの…。弁天の扇に穴が開いてしまいます。
●弁天からのキス
弁天「ひょっとして私に喧嘩を売り?」

弁天が金曜倶楽部を抜け出して下鴨矢三郎に近付きます。

弁天「貴方を狸鍋にして差し上げるわ。」

金曜倶楽部の忘年会では狸鍋が慣例。食材として見られ嫌悪感を示す下鴨矢三郎ですが…。

下鴨矢三郎、弁天から濃厚なキスをされる!

弁天は赤玉先生は恋愛対象外ですが、下鴨矢三郎とは満更でも無いようです。

※彼女は一応赤玉先生の元へは向かったものの、あっさり袖にした模様。

振られた事を誤魔化す赤玉先生。もちろんその一部始終を把握している下鴨矢三郎。

ところが深夜、不貞寝している赤玉先生の枕元へ弁天が!

「有頂天家族」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「じょしらく」第7話「やんきいつきじなくそみそてくにっく」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「有頂天家族」TVアニメ公式Webサイト