モンスターズ大学がNo.1発進、2013年作品でダントツのオープニング。

写真拡大

ディズニー/ピクサーの最新作「モンスターズ・ユニバーシティ」が7月6日、日本全国で一斉公開され、週末の興行成績は2位以下に大きな差をつけ、見事にNo.1を獲得した。また、2013年の公開作品の中でも、オープニングの週末興行成績で2位に1億5,000万円以上、動員では50万人以上の差を付け、ダントツの1位を獲得している。

全国661スクリーンで公開された「モンスターズ・ユニバーシティ」は、週末2日間の興行収入が8億4,751万6,050円、動員は61万4,968人という成績に。このオープニング成績は、「トイ・ストーリー3」(9億7,980万円)や「ファインディング・ニモ」(9億1,270万円)に次ぎ、ピクサー・アニメーション作品歴代3位の数字となっている。

ちなみに、最終興行収入は「トイ・ストーリー3」が108億円、「ファインディング・ニモ」が110億円。「モンスターズ・ユニバーシティ」もすでに100億円前後のヒットを視野に入っていると言えそうだ。

公開初日の6日(土)は関東地方で梅雨明けが発表され、翌7日(日)には全国27地点で猛暑日が観測されるなど厳しい暑さとなった週末、しかも夏休み前にも関わらず、朝早くからファミリーを中心とした客層が劇場に押しかけた。午後からはファミリー層に加え、10代〜30代のカップルが中心となって来場。「トイ・ストーリー3」同様にアニメーションの枠に収まらない幅広い客層が来場していることから、息の長い興行が期待されている。

新作ごとに新しい驚きと感動を贈りつづけるピクサー・アニメーション。本作が世代・性別を問わず全ての観客層を集客したのは、11年間色あせることのなく、「モンスターズ」シリーズのマイクとサリーが愛され続けていたことの証明となった。

また、最新作「モンスターズ・ユニバーシティ」では今まで描かれることのなかった“夢”の行くすえの形を鮮やかに描きだし、圧倒的なスケールで描かれたアクションアドベンチャー・シーンと、テーマパーク的な面白さが観客を魅了。同時にピクサー・アニメーションならではの誰もが共感できる“友情”という普遍的なテーマが、多くの人々に受け入れられ幅広い観客層の獲得に繋がったと見られている。