たかみなジャンケン大会最初の手は“ダブルピース”?

写真拡大

7月8日、都内で映画『スマーフ2 アイドル救出大作戦!』の日本語吹き替え、公開アフレコが行われ、AKB48の高橋みなみ(22)、山崎弘也(37)、五十嵐陽向(4)が登場した。

高橋は作品について「可愛らしいスマーフたちの、奇想天外な物語。引き込まれるし、見たら絶対にハッピーになれる作品になっています」と太鼓判を押した。山崎も感想を聞かれると、「たかみなさんと全く同じです。全て言われました」と話し笑いを誘った。

役柄について、高橋は「スマーフたちの“アイドル”ということで、セリフも多かったのですが、楽しんでやれました。ぜひメンバーたちと映画館を貸しきって観たいですね。最前列には秋元康さんに座っていただいて」とAKB48総合プロデューサーでもある、秋元にもオススメをしていた。

9月18日には34枚目のシングルのセンターを決める『第4回じゃんけん大会』が行われるAKB48。高橋は毎年負けてしまうそうで、山崎にアドバイスを求めると「そりゃもちろんダブルピースでしょ!手を2つ出してイェイイェイって」と指南され、苦笑いを見せた。

また、新センターの指原莉乃(20)について聞かれた高橋は、「指原はいっつも顔がひきつっているんですよね。もっと笑顔を見せないと」と“総監督”らしくエールを送った。

(撮影/中原希実子)