<FedexCupポイントランキング>
 米国男子ツアー「グリーンブライヤー・クラシック」終了時点でのFedexCupポイントランキングが発表された。同大会を優勝したジョナス・ブリクスト(スウェーデン)は、500ポイントを獲得し、先週の139位から100人ごぼう抜きで39位に大躍進した。
 また、今季4勝したタイガー・ウッズを含むトップ10に変動はなく、順位をキープしている。2試合連続で予選落ちをした石川遼は、先週の155位から1つ順位を落とし156位とした。
【FedexCupポイントランキング】
1位:タイガー・ウッズ(2,380pt)
2位:マット・クーチャー(1,964pt)
3位:ブラント・スネデカー(1,603pt)
4位:フィル・ミケルソン(1,518pt)
5位:ビリー・ホーシェル(1,459pt)
6位:ジャスティン・ローズ(1,358pt)
7位:ビル・ハース(1,320pt)
8位:ケビン・ストリールマン(1,234pt)
9位:ブー・ウィークリー(1,154pt)
10位:ジェイソン・デイ(1,148pt)
39位:ジョナス・ブリクスト(709pt)
155位:石川遼(179pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
ジョナス・ブリクストが逆転でツアー2勝目!
石川遼、スコア伸ばすも…シード権争いへ痛い2週連続予選落ち
LIVE写真館で国内女子をチェック!
松山英樹の1打速報で試合を振り返る!
各ツアー賞金ランキング