ポーチに時計、スピーカーに婚姻届け。これらは、すべてこの1年以内に発売された雑誌の付録。単品で発売してもおかしくない商品が付く場合もあるなど、毎年減少している雑誌の売上に、大きく貢献しています。
 
 そんな流行もさることながら、付録を付けずに発行部数を伸ばしている雑誌もあります。「基盤のある女性は、強く、優しく、美しい」をキャッチコピーのもと、30代の主婦を中心に読まれている雑誌「VERY」もそのひとつ。

 なぜ、ファッション誌が苦戦している時代に、主婦向けの雑誌が伸びているのでしょうか。そのヒントは、同誌の編集長である今尾朝子さんの言葉にありそうです。今尾さんは、書籍『ブランド「メディア」のつくり方』の中で、頑張れば手に届きそうな、「少しだけ先を目指した『半歩先のリアル』」を大事にしていると、明かしています。

「『半歩先のリアル』」を提示することは、まだもやもやとかたちになっていない読者のニーズや気持ちを、言語化して誌面に出していくということです。読者の心をとらえるのに効果的なのが、ある現象や状況を『キーワード化』すること。キーワードを見ることで読者に『そうそう、その気分!』と思ってもらうんです」
 
 「VERY」は創刊当時より、「シロガネーゼ」や「公園デビュー」などの言葉を生み出してきました。最近でも、「仕事をバリバリこなしながら家庭を大切にしている、イケてる旦那様」を意味する「イケダン」や、主婦の起業家「ミセスCEO」などの言葉が誌面から誕生しています。読者の対話から時代の空気やニーズをつかみ、「キーワード化」によって言い当て続けていることが、「VERY」成功の理由といえるでしょう。

 その「VERY」が新たな試みとして、主婦のためのソーシャルメディア「tagVERY」をスタートしました。ファッションや美容、インテリア、育児などをテーマにした発見や事柄を、タグと呼ばれるカードに整理し、投稿することができます。また、編集部をはじめ滝沢眞規子、鈴木六夏、クリスウェブ佳子などといった VERYの人気モデルが、随時タグを投稿。ユーザー同士が交流することも可能となっています。

 サイトデザインが、日本ではまだ一般的ではないもののユーザー数を伸ばしているSNS「Pinterest」風なのも、ウェブで小分類を意味する「タグ」という言葉をサイト名の由来となっていることも、「半歩先のリアル」を体現した結果と言えます。また、スマートフォンやタブレットのアプリもリリースされ、いつどこにいても簡単にタグを投稿できるとのこと。tagVERYが主婦文化を創出する新しい場所となる日も近いかもしれません。

【関連リンク】
・tagVERY
http://veryweb.jp/
・iOSアプリ
https://itunes.apple.com/us/app/tagvery/id662001669?mt=8
・androidアプリ
https://play.google.com/store/search?q=tagVERY&c=apps



『愛…しりそめし頃に… 12 (ビッグコミックススペシャル)』
 著者:藤子 不二雄A
 出版社:小学館
 >>元の記事を見る



■ 関連記事
夏のおすすめは『あまちゃん』旅行 絶景ローカル線の旅へ出かけよう!
"カワイイ"カルチャーでママたちはキャラ弁づくりにお疲れ?
気まずい空気を破るには「気まずい」と口にするべし?


■配信元
WEB本の雑誌