スカイツリーで写経&精進料理が楽しめる!「寺たび展」初開催!!

写真拡大

真剣に“縁結び”を意識するお年頃になってきたら、神社仏閣も結構渋いし落ち着くしいいな・・・とそのよさも分かってきたなんて人も多いのでは? 「ちょっと興味はあるけれど・・・」という人も、さすがに本格的な写経や坐禅体験しにお寺へ、というのはまだ敷居が高いと思っているはず。そんな人にピッタリのイベントが、この東京スカイツリータウンの東京ソラマチ5F「スペース634」で7月12日(金)〜7月17日(水)に開催される「比叡山から始まる―ゆかりの『寺たび展』」がおススメ! いったいどんなイベントなのかを広報の方にお伺いしたところ・・・。

「本年は、第三世天台座主で、日本で初めて大師号を諡号(しごう:貴人・僧侶などに、その死後、生前の行いを尊んで贈られる名号のこと)された慈覚大師円仁(じかくだいしえんにん)の1150年の遠忌(おんき:祖師などの五十年忌ののち、50年ごとに遺徳を追慕して行う法会のこと)にあたります。これを機に、慈覚大師円仁に縁のある比叡山延暦寺や日光山輪王寺、金龍山浅草寺の魅力をお伝えするために各寺院の協力により当催事を初めて開催いたします。イベントスペース内では延暦寺の僧侶が実際に来て写経の指導をしていただけます。完成した写経はお持ち帰りも可能ですし、延暦寺へ奉納(1000円)もできます。さらに東京ソラマチでは、限定メニューの精進料理をアレンジしたヘルシー料理を堪能できます。普段はなかなか接することのない僧侶とのひとときの交流で『新しい価値』を発見できる機会をご提供できればと思っております」とのこと。

いつもの女子会もいいけれど、友達を誘って日頃の忙しさやストレスからのプチスピリチュアルを体験してみては?