日医工のCMにも登場する子役の小林聖蘭ちゃんと記念撮影(撮影:ALBA)

写真拡大

<日医工女子オープン 最終日◇7日◇八尾カントリークラブ(6,476ヤード・パー72)>
 長い1日だった。途中、降雨による2回の中断をはさみ行われた国内女子ツアー「日医工女子オープン」の最終日。なんとか競技は終了し、首位スタートのヤング・キム(韓国)がスコアを3つ伸ばしトータル13アンダーで逃げ切り、日本ツアー参戦4年目にして悲願の初優勝を挙げた。
LIVE写真館で初優勝の瞬間をプレーバック!
 米女子ツアーでも優勝経験のあるキム。日本ツアーでもすぐに活躍するかと思われたが、あと一歩というところでここまで勝利を逃してきた。今季の「PRGRレディスカップ」では全美貞(ジョン・ミジョン)(韓国)にプレーオフで敗れ2位に。この試合でもこの日は全との最終組で直接対決となったが、見事雪辱を果たした。
 優勝会見では流暢な日本語で対応。待ちに待った勝利に「正直、長かったです。本当にうれしい!」と笑顔をはじけさせた。昨日の夜から「欲を捨て、一打一打に集中すること」を考えていたというキム。集中のあまりプレーがかなり遅くなってしまう場面もあったが、後半の連続バーディで勝ちを引き寄せた。
 次の目標は「次の優勝です!」と力強く話したキム。米ツアーに再挑戦する意思は無く、「大好き!」だという日本ツアーで今後も戦って行く。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
さくら、100試合連続予選突破もスッキリせず!?「ビックスコアで達成したかった」
怪我を乗り越え大きく強くなった23歳・薗田峻輔
松山英樹の1打速報で国内男子を振り返る!
女子プロの秘蔵写真満載!「写真館」
各ツアー賞金ランキング