[シネママニエラ] 21回目を迎えるフランス映画祭が6月21日開幕し、団長ナタリー・バイをはじめ、フランソワ・オゾン監督、女優リュディヴィーヌ・サニエほか豪華ゲストを迎えたオープニングセレモニーが、有楽町の朝日ホールにて開催された。

“有楽町でフレンチシネマに恋する4日間”をテーマに、フランスから最新の映画と華やかなゲストでお贈りする「フランス映画祭2013」。そのオープニング作品として、フランソワ・オゾン監督の『In the House(英題)』(配給:キノフィルムズ)が上映された。また、今年初となるクラシック上映作品として、ジャック・ドゥミ監督の長編デビュー作『ローラ』(アヌーク・エーメ主演) のデジタル修復完全版が日本初披露となるなど注目を集めている。

本映画祭主催のユニフランス・フィルムズのジャン=ポール・サロメ会長より祝辞が述べられ、そして「昨年も『最強のふたり』をはじめフランス映画が日本でヒットしているが、今年はそれ以上に期待される作品が出そろった。フランス映画は芸術性もあり娯楽性もある。そんな様々な魅力をもったフランス映画祭を楽しんでほしい」との思いが語られた。

セレモニー登壇者は、前述のほか『In the House(英題)』のエルンスト・ウンハウワー、『タイピスト!』のレジス・ロワンサル監督、デボラ・フランソワ、『ウェリントン将軍~ナポレオンを倒した男?(仮)』のバレリア・サルミント、『母の身終い』のステファヌ・ブリゼ監督、エレーヌ・ヴァンサン、『黒いスーツを着た男』のカトリーヌ・コルシニ監督、ラファエル・ペルソナーズ。『椿姫ができるまで』からはフィリップ・ベジア監督、ジャン=フランソワ・シヴァディエ、『遭難者(仮)/女っ気なし(仮)』のギヨーム・ブラック監督、『アナタの子供』のジャック・ドワイヨン監督、ルー・ドワイヨン、『森に生きる少年?カラスの日?』のジャン=クリストフ・デッサン監督、短編作品集『からっぽの家』のマチュー・イポー監督。

フランス映画祭公式サイト
 http://unifrance.jp/festival/2013/


最強のふたりコレクターズエディション(初回限定仕様) [Blu-ray]最強のふたりコレクターズエディション(初回限定仕様) [Blu-ray] [Blu-ray]
出演:フランソワ・クリュゼ
商標:アミューズソフト
(2013-03-22)