<日医工女子オープン 最終日◇7日◇八尾カントリークラブ(6,476ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「日医工女子オープン」の最終日。全選手がハーフターンを終えた時点で、昨日10アンダーで首位に立ったヤング・キムが、前半で2つ伸ばし通算12アンダーで単独首位を堅守した。
 2打差の通算10アンダー2位タイに菊地絵理香、下村真由美、イ・ボミ(韓国)、全美貞(韓国)の2人が並んだ。さらに、通算9アンダー6位タイには成田美寿々、山村彩恵、表純子ら5人が続く。
 100試合連続予選通過記録を樹立した横峯さくらは、2つスコアを伸ばし通算6アンダー17位タイで終盤戦に入った。また、賞金ランキングトップの森田理香子は、スコアを1つ落とし通算4アンダー27位タイに後退した。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
山村彩恵、トラブルを乗り越え3打差8位タイで最終日へ!
LIVE写真館で最新試合をチェックしてね
松山英樹1打速報で試合を振り返る!
女子プロの秘蔵写真満載!「写真館」
各ツアーの賞金ランキング