仏で「まどかマギカ」に大歓声、フランス・米国・カナダ年内公開へ。

写真拡大

フランスで開催しているジャパンエキスポ(7月4日〜7日)の「アニプレックス・カンファレンス」内で、「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」の特報が上映され、フランスでの公開日と公開劇場が発表された。イベントの途中に会場の明かりが消え、突然特報が上映されると、詰めかけた3,000人のファンから大きな歓声。また、イベントにはフランス人のコスプレイヤーが魔法少女たちに扮して登場するなど盛り上がりを見せた。

「ジャパンエキスポ」は2000年よりフランス・パリ郊外開催され、マンガ、アニメや音楽など日本の文化を幅広く紹介するイベント。特報は国内でも7月6日より全国の劇場で上映されており、同イベントに出席したプロデューサーの岩上敦宏氏は「日本と同日にフランスでも特報が公開でき、とてもうれしいです」と感想を述べた。

また、フランスのファンに対して、「テレビシリーズや劇場版前後編の『魔法少女まどか☆マギカ』はきれいに終わっているので、人によってはハッピーエンドと取るかもしれないし、バッドエンドだと取るかもしれない。ぜひ、みなさんの目でその後の物語を劇場で見て欲しい」とメッセージを送った。

「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語」は、フランスでは11月16日よりパリのGRAND REXで上映される。また、「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語」は国内だけでなく世界展開も予定。今回発表されたフランスのほかにアメリカ、カナダでも年内の公開が決定している。