人間国宝の祖父を持つ兄弟の手漉き和紙 インスタレーション展示

写真拡大

 高知県伊野町で生まれ、世界に進出する手漉き和紙「hamadawashi(ハマダワシ)」の期間限定ショップが、青山のセレクトショップvalveat81(ヴァルヴィート エイティーワン)にオープンした。東京都内では初の店舗販売で、期間は7月31日まで。和紙の可能性を提案するインスタレーションとともに、全て1点ものの和紙が2,500円から83,400円で販売されている。

和紙のインスタレーション青山での画像を拡大

 「hamadawashi」は、兄の浜田洋直と弟の浜田治の2人が、世界一薄くて強く「カゲロウの羽」とも称される手漉き和紙「土佐典具帖紙」の可能性を追求しているブランド。人間国宝である祖父の浜田幸雄の技を受け継ぎ、京都で着物に使われる200色の染料の中から選色した伝統的な染めの技術が生かされている。

 valveat81のインスタレーションでは「纏う」をテーマに、兄の洋直が15年間かけて培ってきたという和紙の技術と感性を織り交ぜて展示。「hamadawashi」ならではの染めの技術、繊維の長さ、薄さの中の強靭さ、質感が表現されている。また店内では、レースのような風合いの「HANA RAKUSUI」や、月のクレーターを彷彿とさせる一点ものの「HOSHIZUKU」、1日1枚しか制作できない「TENGJOUSHI KURO」などが販売されている。

■商品概要
 HOSHIZUKU ¥5,900/縦54.5cm 横79cm
 TENGJOUSHI KURO ¥83,400/1000mmの大判和紙
 RAKUSUI SOME ¥3,400/縦62.5cm 横94cm
 HANA RAKUSUI ¥2,500/縦62.5cm横94cm
 TENG MAKIMAKI ¥4,200/B5サイズ程度×10枚セット
 UNRYU PINK ¥5,900/縦55cm横78.5cm ※全て1点もののためサイズに誤差あり

■valveat 81 (ヴァルヴィート エイティーワン )
 住所:東京都港区南青山 4-21-26
 電話:03-6406-0252 / Fax. 03-6406-0253
 営業時間: 12:00 〜 20:00
 http://www.valveat81.com/