取締役に労災認定 珍しいケース

ざっくり言うと

  • 埼玉県の会社取締役の男性について5日、労災が認定されたと遺族が発表した
  • 男性は「名ばかり取締役」として営業に従事していた
  • 160時間を超える時間外労働の末、男性は脳出血を起こし2012年に亡くなった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

ランキング