「レクシス キセラ」(写真上)と「レクシス カイザ」(写真下)

写真拡大

ヨネックスはゴルフカーボンシャフト「レクシス キセラ」を2013年7月下旬に、「レクシス カイザ」を7月中旬に発売する。

曲げ強度15%高まる

「レクシス キセラ」はヘッドスピード38m/s未満のゴルファーに向けて開発され、36グラムという軽量化を実現。新素材「ナノメトリック」をシャフト全体に複合し、カーボン繊維1本1本を隙間無くコーディングすることで曲げ強度が従来比15%高まり、軽量化と高強度化を両立した。

「レクシス カイザ」はヘッドスピード42m/s以上のアスリート志向のゴルファーに向け。極薄多積層カーボンの新製法により、ゆったりとしたナチュラルな初動からインパクトにかけて加速し、当たり負けない強弾道を実現。また、手元の剛性を若干落としタイミングを取りやすく、気持ちの良い張り感とすることにこだわったという。その結果、入射角とインパクトロフトは適正化され、確実にミート率が高まる。

価格は「キセラ」「カイザ」ともに、シャフト単体が3万4650円、スリーブ付きシャフト単体が3万6750円。