ジブリ初の大人の恋物語『風立ちぬ』の見どころは?

<この夏の注目映画といえば、やはり5年ぶりに宮崎駿が監督を務めるスタジオジブリの最新作『風立ちぬ』(7月20日・土曜から全国ロードショー)です。宮崎監督自身が「自作で初めて泣いた」というこの作品。試写を見た映画ライターの宮崎新之さんに、その見どころをリポートしてもらいました>

 試写会後に「宮崎作品の最高傑作」との声も数多くあがっている『風立ちぬ』。主役の声優に『新世紀エヴァンゲリオン』などで有名なアニメーターの庵野秀明氏を起用したり、効果音に人の声を用いていたりと、意外な試みも話題になっています。

 物語は、大正から昭和初期にかけ、飛行機の設計に情熱を燃やした主人公・堀越二郎の、ひたむきな青春の日々が描かれています。

◆魔法もヘンな生き物も封印!の異色作

 宮崎駿監督作品と言えば、ホウキで空を飛んだり、さかなの子が海からやってきたりと、ファンタジックな作品がほとんど。ですが、今回の映画には魔法も不思議な生き物も出てきません。堀越二郎は、第二次世界大戦で活躍した零戦の設計をした実在の人物。映画では、同じ時代に生きた文学者・堀辰雄のエッセンスを、二郎に混ぜ合わせて主人公にしています。

 二郎は幼い頃から飛行機に憧れ、美しい飛行機を作ることが夢でした。ですが、時代は戦争へと突き進み、彼は戦闘機の設計に携わることになります。理想と現実の差に戸惑いながらも、ただ一心に生きようとする二郎。戦争を扱っていても、その是非を問うのではなく、ひとりの男が辛く苦しい時代をどう生きたのかを、等身大に映し出します。

 今回のように、実在の人物をモデルとした作品はスタジオジブリの長編作品で初めてのこと。『風立ちぬ』は、宮崎駿監督がファンタジーを封印して辛苦を味わった時代と向き合い、実在の人物を取り上げたという異色作なのです。

◆ヒロインは、健気で時に大胆な”男の理想像”

 そして、何より注目したいのが二郎の真摯な恋。ヒロインの菜穂子は、関東大震災のときに二郎に助けられ、その数年後に再会。互いに強く惹かれあいますが、そのとき菜穂子は結核に侵されていました。本当なら治療に専念するべきなのですが、ふたりは気持ちを抑えきれずに一緒に暮らし始めてしまいます。

 菜穂子は、肉食女子全盛の現代では絶滅危惧種のような、健気でいじらしく、はかなくて美しい女性。ですが、か弱いだけの存在ではありません。愛する二郎のために病いを押して、周囲の心配をよそに行動してしまう芯の強さを持ち合わせています。そんな古風かつ積極的な彼女の姿は、男性の考える普遍的な女性の理想像のようにも見えます。

 かつてと同じように不景気や災害が続いてしまい、閉塞感が覆う現代の日本。そんな今だからこそ、宮崎監督は“理想”と“現実”を詰め込んだこの作品を撮りたかったのかも知れません。 <TEXT/宮崎新之>