中川翔子 過激衣装に父の霊が激怒?「アレはやりすぎ!」

写真拡大

6月30日、『劇場版ポケットモンスター 神速のゲノセクト ミュウツー覚醒』の完成披露試写会が都内で行われ、高島礼子(48)、中川翔子(28)、平成ノブシコブシ(吉村崇・32、徳井健太・32)ら声優陣が登場した。物語のキーとなるポケモン・ミュウツーを演じた女優の高島は「『ファンのイメージに合うかな』と不安でしたし、プレッシャーを感じていました。悩んだ分時間をかけて、一生懸命やれたので楽しかったです」と満足気に振り返った。

報道陣から「声優として覚醒したか」と聞かれた高島は「覚醒したような気がします。クセになりそう」と笑顔で話した。続けて「お笑いの覚醒はいつ来るのか?」と聞かれた吉村は、「“覚醒した”と数年前に宣言したんですよ。それ以降、どんどん失っていくんですよね。今日も爪痕を残すはずが、自分に爪痕が残るくらいスベりました」と苦笑いだった。

また、裸に黒リボンのみという過激な衣装のジャケットが話題のニューシングルをリリースした中川。報道陣から「あれも覚醒?」と聞かれると、「江原啓之さんに、『アレはやりすぎ!』と父の霊が怒っていると言われて……。もっと可愛らしいリボンにします」と話し笑いを誘っていた。

(撮影/河崎文雄)