Windows8搭載! 片手サイズのミニタブレット「Iconia W3-810」が発売 ー日本エイサー

写真拡大

日本エイサー株式会社から、Windows8を搭載した8.1インチサイズのミニタブレット「Iconia W3-810」とオプション品が2013年7月11日(木)より発売開始になります。価格はオープンですが、店頭予想価格は60,000円前後が予定されています。


Windows8を搭載した8.1インチサイズのミニタブレットは世界初(※)。片手で手軽に持ち出せて、すぐに楽しめるサイズになっています。また、最新のMicrosoft Office Home and Business 2013を搭載。Word、Excel、Powerpoint、OneNote、Outlookが使用できるのでビジネスシーンでもフル活用できます。加えて、一画面にWebサイトとファイルなどを同時に表示できるマルチウインドウにも対応しているので、複数のファイルを見比べながら作業することができます。


同商品は、ほぼ1日中使える約8時間のバッテリー稼動を実現しているのもポイント。ビジネス目的で使用したあと、そのまま充電なしでウェブブラウジング、動画視聴といったプライベートでも楽しむことができます。加えて手軽に撮影を楽しめる前後2つのカメラも搭載されているので、動画撮影も可能。


同時に発売されるオプション品は、BlueToothキーボード、液晶保護フィルム、保護ケース2色が用意されています。

(※)Windows8搭載タブレットにおいて。2013年6月4日現在、同社調べ

注:画像のキーボードはオプションになります

◆「Iconia W3-810」
価格:オープン価格
本体サイズ:高さ11.4mm×幅134.9mm×奥行219.0mm
本体重量(概算):500g
画面サイズ:8.1インチ(最大解像度1,280×800)
システムメモリ:標準2GB
オペレーションシステム:Windows8 32bit版
搭載CPU:Intel Atom Z2760(1.80GHz)