(株)コスモスイニシア(高木嘉幸社長)は、一棟まるごとリノベーション事業において、これまでの新築分譲マンションでは叶えられなかった新しい発想の室内空間を描く「WOW!プロジェクト[住まいにドキドキ・ワクワクを。]」を展開。第一号物件となる「リノマークス横浜仲町台」(大和ライフネクスト(株)との共同事業)に、4つのモデルルームを開設し、ライフスタイルとカラーを選択出来る、生活空間と設備をカスタマイズ出来るオリジナルの暮らしを訴求して、好評裏に販売中である。

「リノマークス横浜仲町台」(横浜市都筑区)は総戸数18戸。横浜市営地下鉄ブルーライン・仲町台駅徒歩10分の住宅街に立地。平成6年に建設された、鉄筋コンクリート造・地上6階の社宅を、一棟まるごとリノベーションにより用途転換したもの。
同社が「リノマークス横浜仲町台」で提案するライフスタイルは、「こどもと暮らす、が楽しい家」「みんなで集まる、が楽しい家」「可変性、が楽しい家」に、「イケアと遊ぶ、が楽しい家」を加えた四つのモデルルームに集約されている。
中でも、「イケアと遊ぶ、が楽しい家」は、イケア・ジャパンが79.23平米、2LDK+Sの空間を全面コーディネートしたもの。イケアの家具やテキスタイルによって、家を思いっきり楽しく遊ぶための提案で、子育てを応援する「KIDS ・ PLAN」をベースに、カラフルなスカンジナビアスタイルでコーディネートされている。インテリアの総額は、小物類をのぞき44万2396円。展示されている商品にはすべて値札がついており、物件からイケア港北店まで車で4分と近いことから、気に入った商品があれば店舗で購入することが出来るほか、成約者は希望により、コーディネートのアドバイスをしてもらえるサービスも予定されている。