『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』イメージビジュアル ©Magica Quartet/Aniplex・Madoka Movie Project Rebellion
アニメ作品『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』が、10月26日から新宿バルト9、梅田ブルク7、109シネマズ名古屋、T・ジョイ博多、札幌シネマフロンティアほか全国で公開されることがわかった。

【もっと大きな画像を見る】

『魔法少女まどか☆マギカ』は、2011年に毎日放送などで放映されたアニメ作品。放映終了後も関連商品や二次創作の分野でも大きな盛り上がりを見せ、『第15回文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門』大賞をなど数々の賞を獲得したほか、昨年10月にはテレビアニメ版を再編集した映画『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[前編]/始まりの物語』『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[後編]/永遠の物語』も公開された。

『[新編]叛逆の物語』では、前2作に引き続いて総監督を新房昭之、脚本を虚淵玄(ニトロプラス)、キャラクター原案を蒼樹うめ、アニメーション制作をシャフトが手掛けている。また、主題歌をClariSとKalafinaが担当することもあわせて発表された。

同作の第1弾劇場前売券は、7月6日から新宿バルト9、梅田ブルク7、109シネマズ名古屋、T・ジョイ博多、札幌シネマフロンティアほかで販売スタート。