<長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ 2日目◇5日◇ザ・ノースカントリーゴルフクラブ(7,096ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー「長嶋茂雄 INVITATIONAL セガサミーカップ」の2日目。初日1アンダー47位タイと出遅れた松山英樹は、この日7バーディ・2ボギーの“67”をマーク、通算6アンダーで9位タイまで浮上した。
 この日の松山は、昨日不調だったパットが決まり、バーディを量産。前半はバーディとボギーが交互にでる不安定な内容だったが、2つスコアを伸ばし、通算3アンダーで折り返した。後半は復調したパットが冴え、3バーディ・ノーボギーでラウンド。この日はトータルで5つスコアを伸ばし、首位と3打差まで詰め寄りホールアウトした。
 現時点で、通算9アンダーで藤田寛之が単独首位をキープ。1打差の通算8アンダー2位タイには、河野祐輝、井上信、片山晋呉、キム・ヒョンソン(韓国)の4人が続いている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
松山英樹はかみ合わず1アンダー47位タイスタート
丸山茂樹、故障を抱えながらの今季初戦で30位タイ
松山英樹1打速報で2日目を振り返る!
女子プロの秘蔵写真満載!「写真館」
各ツアーの賞金ランキング