会津若松市サイトで「未来人財育成塾」を紹介している

写真拡大

未来のリーダーたちよ、来たれ会津若松へ――講師陣に明石康・元国際連合事務次長ら多彩な顔ぶれを予定する「未来人財育成塾」を、福島県の会津若松市(室井照平市長)が2013年8月に開く。対象は全国の中学生。参加者を募集している。

全国の中学生が対象

政治や行政、学問、芸術などの分野で実績ある多彩な講師に接することで、「あすなろの心」を育んで欲しい、と今回初めて企画した。「あすなろの心」とは、自分もこんな人になりたい、世の中に貢献したいと思う心のことだ。

予定されている講師は、明石氏のほかノーベル化学賞受賞者の野依良治氏、丹呉泰健・元財務省事務次官、尺八奏者で人間国宝の山本邦山氏ら。衆院議員や企業トップ、マスコミ関係者も参加予定。

開催は8月19日から23日までの4泊5日。市内の文化センターなどが会場。全国の中学生(1年生〜3年生)が対象で、参加費は2万円(宿泊費・食事代込、交通費は自己負担)。7月12日まで募集しており、定員60人を超えた場合は書類選考を行う。申し込み方法などは、同市サイトの関連ページで確認できる。