立ち居振る舞いが何とも凛々しいベネディクト・カンバーバッチ/[c]2013 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

写真拡大

シリーズ最高傑作との呼び声も高い『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(8月23日公開)。この作品で究極の悪役に挑戦しているのがベネディクト・カンバーバッチだ。2012年12月の初来日時には女性ファンが空港に殺到し、今ではイギリスをはじめ、日本でもカリスマ的人気を獲得しつつある遅咲きの注目俳優なのだ。そんな彼がまもなく二度目の来日を果たすことになっている。

【写真を見る】決してわかりやすいイケメンというわけでもないが、彼の魅力にはまる女性が続出!

イギリスBBCの「SHERLOCK」をきっかけにファンを急増させたカンバーバッチは、既に30代後半に差しかかっており、決して若手俳優とは言えない。そればかりか、誰もが見とれるほどの甘いマスクの持ち主というわけでもない。では、なぜ彼がこれほどまでに日本のファンを魅了してやまないのだろうか?

大きな理由の一つとして、その英国紳士的なオーラを挙げることができる。どこか貴族的な雰囲気を漂わせ、立ち居振る舞いもセクシーだ。それでいて、時に愛嬌満点のキュートな笑顔を見せてくれるのだから、女性ファンが心を奪われるのも納得だろう。それに加えて、あの声だ。柔らかく深みのある声を聞いた瞬間に惹かれるファンも多いのだ。いわゆる、声フェチの女性は多いが、彼女たちも太鼓判を押すほど、彼の声は魅力的だという。カンバーバッチを写真で知り、初めは「?」だったファンも、彼の仕草に触れ、その声を耳にする度に、自然とその魅力に取り憑かれていくという。

数多くの女性を虜にし、今やセックスシンボルとも言われているベネディクト・カンバーバッチ。連日、メディアではイケメンとの煽り文句で数多の人物が登場するが、その路線とは若干異なる、噛めば噛むほど味が出る彼は、世の女性たちが待ち望んでいた存在なのかも!?【トライワークス】