上の写真が富士山と20世紀FOXがコラボしたロゴ/(c)2013 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved

写真拡大

日本が舞台となっている『ウルヴァリン:SAMURAI』(9月13日(金)公開)で、“ハリウッド×JAPAN”の新たなコラボが明らかになった。ハリウッド映画の本編や予告編の前に必ず付けられるスタジオロゴ。『ウルヴァリン:SAMURAI』では、そのロゴが日本バージョンに。雨に煙る東京の夜、神社の屋根に刀を持っているウルヴァリン。その背後には富士山がそびえ、カメラが後方に引いていくと、東京タワーが登場。そして20世紀フォックスのロゴを冠したビルとサーチライトが現れる。おなじみのファンファーレは封印され、最後には、ウルヴァリンの3本爪がそのビルを引き裂く、という15秒の映像が挿入される。

【写真を見る】ウルヴァリンと日本の関係は?

78年にわたる20世紀FOX社の歴史の中で、ロゴマークに日本が登場するのは史上初。富士山が日本の象徴であることと、ヒュー・ジャックマンが富士山愛好家であり、登山経験もあることから、FOX JAPANがLAの本社に申し入れ、世界遺産登録発表に合わせて製作、発表の運びとなった。このスタジオロゴは今回全世界初公開となり、7月20日(土)から『ウルヴァリン:SAMURAI』の予告編と共に上映開始となり、本編の冒頭での上映も決定している。